近鉄大阪線と南大阪線は、それぞれ並行するかたちで大阪と奈良盆地を結んでいます。場所によっては2キロ未満にまで接近しているところもあるので、両線を歩いて乗り換えることもできます。

今回は南大阪線から大阪線に歩いて乗り換えたいと思います。数か所ある「乗り換えポイント」の中から、道明寺駅(南大阪線)と河内国分駅(大阪線)を結ぶルートを選んでみました。巨大古墳の散策を兼ねて、今回は道明寺駅より一つ手前の土師ノ里駅で下車。

スタートは土師ノ里駅

DSCN1236.jpg
▲土師ノ里駅に到着する6400系準急大阪阿部野橋行き
ここで下車した理由は先ほども述べたとおり、近隣に巨大古墳が点在しているからです。歴史が好きな筆者にとって、うってつけの訪問地といえます。

駅のすぐ横には2基の巨大前方後円墳(伝允恭天皇陵、仲姫皇后陵)があるほか、1キロ南には日本で二番目に大きな古墳(伝応神天皇陵)もあります。一帯の巨大古墳群は、世界最大の陵墓(伝仁徳天皇陵)を抱える堺市一帯と併せて、百舌鳥・古市古墳群と称されています。

DSCN1237.jpg
▲土師ノ里駅周辺の古墳マップ
さすがは日本最大の古墳密集地帯だけあって、駅周辺には巨大前方後円墳のほか、いくつかの方墳も存在します。

藤井寺のご当地キャラクター「まなりくん」とは?

DSCN1238.jpg
▲藤井寺市散策マップ
じゃんけん名人こと「まなりくん」のイラスト付きです。ただし、この地図では「まなりくん」ではなく「井真成」と書かれています。藤井寺に来たからには、同市のご当地キャラ「まなりくん」を紹介しないわけにはいかないでしょう。ということで、早速キャラクター紹介といきます。

「まなりくん」は、留学生として遣唐使に随行して唐にわたり、そのまま客死した「井真成」がモデルになっています。同じく唐で客死した阿倍仲麻呂と異なり、彼は墓誌銘でしかその存在が伝えられていません。井真成が藤井寺一帯の豪族出身であるとの説に基づき、藤井寺市は彼をマスコット化しています。

動く「まなりくん」には以前、2012年の「ゆるキャラ(R)まつりin彦根」で遭遇したことがあります。「いしきりんちゃん」人形の前で、じゃんけんに興じていた様子が印象に残っています。

鍋塚古墳(方墳)

DSCN1239.jpg
土師ノ里駅のすぐ目の前には鍋塚古墳があります。一辺40~60メートルの方墳で、高さ70メートル・2段築造の墳丘を有しています。埋葬施設が確認できなかったほか、円筒埴輪・形象埴輪が発掘され、そのうち円筒埴輪は仲姫皇后陵の円筒埴輪と類似していることから、同皇后陵の倍塚と推定されています。

DSCN1240.jpg
▲鍋塚古墳から近鉄土師ノ里駅を見下ろして

DSCN1241.jpg
▲鍋塚古墳から仲姫皇后陵を眺めて

DSCN1242.jpg
▲風化で丸みを帯びた鍋塚古墳の墳丘

少しだけ道明寺地区めぐり

鍋塚古墳を後にして、一路河内国分駅を目指したいところですが、少し寄り道をして古墳めぐりをやっていきます。道中、周囲に点在する小高い丘はすべて巨大古墳です。巨大古墳や小さな円墳を眺めながら、道明寺山門前を通って再度、土師ノ里駅に到着する行程をとりました。

DSCN1243.jpg
▲道明寺楯塚古墳公園
団地内にある楯塚古墳は帆立貝型の前方後円墳です。当時の墳丘はなく、墳丘のあった場所には盛り土が施され、古墳があったことを今に伝えています。

DSCN1244.jpg
▲道明寺(真言宗)
「道明寺」という地名の元になった道明寺は、真言宗の尼寺です。山門前から道なりに東へ進むと、近鉄道明寺駅に至ります。また、山門から道を挟んで東側には道明寺天満宮もあります。

南大阪線から大阪線まで、約2キロの道のり

DSCN1245.jpg
▲近鉄道明寺駅と道明寺線の線路
土師ノ里駅に戻り、南大阪線沿いを東に進むと、やがて線路は南にそれて、かわりに近鉄道明寺線の線路を跨線橋でまたぎます。

DSCN1246.jpgDSCN1247.jpg
道明寺線を跨ぐとすぐに石川を渡り、藤井寺市から柏原市に入ります。石川は橋のすぐ北側で大和川に合流し、やがて名門大洋フェリーが発着する大阪南港で大阪湾に注ぎこみます。

DSCN1249.jpg
▲河内国分駅に到着
柏原市に入り、住宅街を進むと近鉄のガード下にぶち当たります。そこから右を眺めると、もう河内国分駅の構内は見えています。ここまで来れば、ゴール地点まで3分もかからないでしょう。

今回の「乗り換え」コースは距離にして約2キロ(道明寺駅~河内国分駅間計算)といったところです。速足で歩けば30分もかからない距離ですが、ここは古墳密集地帯。巨大古墳をめぐりながら、ゆっくり散策してみると面白いかもしれませんね。

以上、歴史好きにおすすめしたい「ダイナミック乗り換え」をお届けしました。

撮影日:2016年7月3日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
こんばんは。

道明寺〜河内国分間には、
かつて近鉄経営の「玉手山遊園地」がありました。

今はその跡地が柏原市営の「玉手山公園」となっております。

そのあたりを歩くのもまた一興です。

地元民からのひとことでございました。
ふぐにさん。 #36k9amUg [ 編集 ]    2016年08月22日(月) 23:37
ふぐにさん。さん
ふぐにさん。様、こんばんは。

> 道明寺〜河内国分間には、
> かつて近鉄経営の「玉手山遊園地」がありました。
>
> 今はその跡地が柏原市営の「玉手山公園」となっております。

損な場所が沿線にあるんですね~
古墳に公園と、見どころが多いじゃないですか。しかも「玉手山」って・・・拙ブログのタイトルみたいで親近感がわいてきます。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年08月23日(火) 23:28
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):