8月30日から9月1日にかけての3日間、博多駅前のイベントスペースで「対馬観光PR展 in福岡」が催されました。その名の通り、長崎県対馬の特産品を使った食品の販売や、対馬市の観光地をPRする企画が行われました。

DSCN1696.jpg
イベント開催中、博多駅構内の至る所に大きな垂れ幕や広告が設置されていました。近年、おびただしい数の韓国人が来島して島を荒らす一方で、日本人の来島は多くないと聞いています。このようなイベントの開催は、対馬旅行の動機づけに導くという点で有意義だと思います。

平面だけの塩崎キャラ「つしにゃん」

DSCN1706.jpg
ところで、「対馬観光PR展 in福岡」の広告を見ているとツシマヤマネコを模したマスコットがプリントされていますが(写真上・右下)、何という名前かご存知ですか?

対馬訪問歴のある方なら、イラストだけは見たことがあるかもしれません。このマスコット、「つしにゃん」(対馬観光物産協会)というのですが、如何せん着ぐるみがないので、影が薄いです。

そんな「つしにゃん」の姿に注目してみると、面白い特徴を見つけました。ひょっとすると、イラストを見た時点で既にピンときた方はいるんじゃないでしょうか。そう、このマスコットは「塩崎キャラ」なんです。

エイイチさん?まさよさん?あゆみさん?それは『(一社)対馬観光物産協会ブログ』「PRキャラクター募集、結果発表!」(2010年3月25日付)を見ていただくとわかります。

【最優秀賞】
福添 あゆみ(大阪府・女性・イラストレーター)
名称 つしにゃん
(以上、引用)

このように「塩崎キャラ」として生を受けた「つしにゃん」ですが、まあ可愛いです。パーツの使い回しで名高いデザイナーとはいえ、「つしにゃん」自体に悪い点はないと思います。白目が入っている点といい、変な被り物をしていない点といい、塩崎カラーは薄いですし。

DSCN1707.jpg
▲「対馬観光PR展 in福岡」会場を2階ペデストリアンデッキから眺めて
15時から「しまひこ」(対馬市福岡事務所)が登場するとのことで、頃合いを見計らって会場入りしてみました。同マスコットはこれから「しまひこジャンケン大会」が行われるのに合わせての登場です。

しまひこ・たまひめ登場!

DSCN1712.jpg
やってきました。「しまひこ」(写真上・右)だけでなく、相方の「たまひめ」(写真上・左)も一緒に出てきましたよ。登場した途端に、マスコットの周囲に人だかりができ始めました。マスコットキャラの集客効果、恐るべし。

DSCN1717.jpg
「しまひこ」「たまひめ」は会場をぐるりと一周した後、ステージに戻ってきました。ここからはタイムスケジュール通り、ジャンケン大会の始まりです。

DSCN1718.jpg
▲自分でジャンケンしてみせる「しまひこ」(グー!)

DSCN1719.jpg
▲自分でジャンケンしてみせる「しまひこ」(チョキ!)
スタッフ氏「チョキになってない」


DSCN1720.jpg
とても「しまひこ」の手ではジャンケンできないので、スタッフ氏が分かりやすいように「ジャンケンボード」を持ってきました。

DSCN1723.jpg
▲「しまひこジャンケン大会」の図
この後、「しまひこ」に代わって「たまひめ」がじゃんけん役に回り、2回目のジャンケンが行われました。3回目は2体ともお役御免ということで、ステージを降りてちょっとしたグリーティングを始めました。

DSCN1728.jpg
▲子供を迎え入れようとする「しまひこ」「たまひめ」
ここで改めて、両マスコットについて簡単にご紹介します。「しまひこ」「たまひめ」は対馬市福岡事務所のマスコットキャラクターとして、福岡を拠点に活動しています。モデルはいうまでもなく、対馬固有種のツシマヤマネコです。

限りなく福岡キャラに近い存在とはいえ、恥ずかしながら今回が初見です。

DSCN1729.jpg
▲最後に配信用写真を撮ってもらう「しまひこ」「たまひめ」
平日の昼間というのに、会場にはたくさんの来場者があって驚きました。それだけ「対馬PR」が関心を持たれたということなのでしょう。

関心を持ったら次は行動を起こす番です。幸い、福岡からは対馬に向かうフェリー・高速船・航空便があります。対馬未訪問の私が言うのもおこがましいですが、対馬が気になったらぜひとも、船や飛行機でひとっ飛びしてみませんか。

撮影日:2016年9月1日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):