(目次)
ご当地キャラ博in彦根2013 (1)
ご当地キャラ博in彦根2013 (2)



彦根入りしてから1時間、いつまでも降りしきる雨に疲れてきました。傘があるので衣類のダメージは少ないですが、靴のダメージが凄まじく、1時間の散策でもうジュクジュクです。

おまけに気温が低いものですから、寒気を感じるのです。帰りたいという思いが一瞬よぎりますが、せっかく1万かけて彦根入りしたことだし、とりあえず正午まで粘ってみます。

あべのん
▲あべのん(大阪市阿倍野区)
雨が降っているため、マスコットの多くは自分のブースに待機しています。着ぐるみを濡らすのはマズイですし、雨合羽の着脱もそう簡単なことじゃないですし・・・

レルヒさん
▲レルヒさん(新潟県)

ゆっぴー (2)
▲ゆっぴー(京都府南丹市日吉町)

シロモチ (2)
夢京橋キャッスルロードを進むと、やがて「シロモチくん」(三重県津市)とすれ違いました。その様子を一枚収め用途シャッターをきるも、思いっきりブレています。もう、雨のアホが!

それはさておき、「シロモチくん」はどうやら濡れにくい素材でできているようです。だからか、雨よけのビニールは頭にだけ被せていますね。

あまん
京橋口駐車場の近くにやって来ました。ここで「ほしのあまん」(大阪府交野市)に遭遇。あまんの顔の黒丸"●"は、あれって口じゃなくて鼻なんですね~

あまん (2)
▲来場者とふれ合う「ほしのあまん」


別のステージに移動すると、鹿児島県さつま町のマスコットキャラクター「さつまるちゃん」がご当地ソングに合わせて踊っていました。着ぐるみの下半分が見えないので分かりづらいですが、ホタルのキャラクターです。ホタル・・・

そういや今回、「もーりー」に会えなかったんです・・・京橋口駐車場にブースがあることに気付いていれば、少しは事情が変わっていたかもしれませんが。

DSC05490.jpg
場所は変わって、四番町スクエア駐車場のステージに戻ると「しろまるひめ」(兵庫県姫路市)と「わん丸君」(愛知県犬山市)のステージイベント中でした。秋仕様の「しろまるひめ」が可愛すぎます~

DSC05491.jpg
「しろまるひめ」「わん丸君」に加え、ホスト役の「ひこにゃん」も出てきました。

「ひこにゃん」は基本的に、このイベントでは四番町スクエア駐車場のステージに登場します。白餅にゃんこ目当ての方は、こちらでじっと張り込むのがベストですよ~

おこみん
▲おこみん(志賀高原観光協会)
イタチ科モチーフのご当地キャラ・・・これは反則です!オコジョとかカワウソとか、めっちゃ好きなんですよ。カワウソのご当地キャラがいたら、間違いなく一目ぼれしてしまいます、うん。

DSC05494.jpg
▲ムズムズ(富山県射水市)

20131020111501(1).jpg
▲のぶさま。(岐阜盛り上げ隊)
「やなな」なき今、岐阜キャラを護るのはそなたじゃ!

20131020111926(1).jpg
「みやざき犬」の「ひぃ」(宮崎県)と「ゴーヤ先生」が、一つ屋根の下で仲良くグリーティングしています。本当に仲良さそうに見えるのが不思議!


東北からは垂れ目が可愛いことで大評判(?)の、「たかたのゆめちゃん」(宮城県陸前高田市)も参加しました。

三成くん
▲三成くん(長浜・戦国大河博マスコットキャラクター)

ゆづる (2)
▲滝の道ゆづる(大阪府箕面市)

ちょるる
あ、「ちょるる」(山口県)だ。・・・ね。

チキンマスク
▲チキンマスク(マスク小学校)
僕ん店寄ってかへん?すぐそこやさかい、寄ってぇな~



四番町スクエアに到着すると、ハロウィン仕様の「やちにゃん」(四番町スクエア)がお出迎えしてくれました。それにしてもこの格好、ちかっぱ似合いすぎです。


不気味な熊のキャラクター「ゾンベア」(ハシエンダインターナショナル)は「コアックマ」などと同じく、北海道を中心に活動しているご当地キャラクターです。


雨で寒い、濡れて寒い、そして何故か寂しい・・・そんな中でホッとするキャラクターを見つけることができました。それがブースに座っている「ようかん右衛門」です。

光源氏
▲おおつ光ルくん(滋賀県大津市)
滋賀の麻呂系マスコットといえば、彼と「カモンちゃん」を真っ先に思い浮かべます。そんな2体には相違点があって、前者は貴族、後者はお武家さんという違いがあります。あ、今年「カモンちゃん」見てない・・・

光源氏 (2)
「おおつ光ルくん」にカメラを向けていると、こちらに気付いて立ち止まってくれました。さらに可愛くポーズまでとってくれます。なんて優しいんだろう!

モミー (3)
「モミー」(黒石やきそば応援団ブラスト)は相変わらず、突如として目の前に現れる神出鬼没な存在です。そして小さな子供にはめっぽう優しいのです。

せとちゃん
「せとちゃん」(瀬戸・まるっとミュージアム)が屋根の下でグリーティングをしているので、写真のモデルになってもらいました。

DSCN1277.jpg
しかも一緒に撮ってくれるというのも嬉しいですね~
こうして、来場者を快く「おもてなし」してくれるマスコットがいるのも、彦根の面白い所です。

高田ゆめちゃん (2)
▲ブースでグリーティング中の「たかたのゆめちゃん」

ふっかちゃん
夢京橋キャッスルロードを進むと、凄まじい人だかりにぶち当たりました。あの中には結構有名なマスコットがいますね。はて、だれだろう・・・おや、「ふ」の文字が見えますね。もうわかったぞ!

ふっかちゃん (2)
はーい、「ふっかちゃん」(埼玉県深谷市)だ!
こんな天気だから会えないと思っていましたよ。


やがて「い~にゃん」も「ふっかちゃん」の横にやって来ました。ミニ撮影会の幕開けです。

《「い~にゃん」解説》
「い~にゃん」は島根県飯南町の公式キャラクターで、猫の男の子です。飯南町内の森に住んでいるという設定になっており、twitterなどで飯南町の魅力を日々発信しています。
お腹に小判が付いているので、おそらく招き猫でもあるようです。


「ふっかちゃん」は比較的大きめの着ぐるみですが、防水仕様でブースに登場しました。今回は中堅キャラの登場が少なかったせいか、かなりの人気ぶりだったと思います。

ビバッチェ
再び「ビバッチェ」に遭遇しました。今度は兜をかぶり、「ひこにゃん」になりきってステージに入るようです。

かさぼう (2)
おや、「かさぼう」がパラソルをさしていますね。相変わらず癒し系です。

レルヒさんの縁石横断
「かさぼう」のかたわらでは・・・「レルヒさん」が車道から歩道に上がろうとしています。マスコットの挙動一つ一つに、多くの来場者が釘づけになっています。


みやざき犬の紅一点「むぅ」ちゃんがブースで活動していました。この後、「ひぃ」と「かぁ」も代わる代わるでブースにやってきました。

ここで時計に目をやると、ちょうどお昼の13時になろうとしています。朝からずっと雨ばかりで寒くなってきました。長袖を着ていても寒気を感じるのです。ここに長居すると風邪をひくかもしれません、どうしようか。

雨がしんどすぎて・・・

結局、雨があまりにもひどかったので切り上げ、京都で雨宿り・昼食を兼ねて2時間ほど滞在することにしました。イベントはあと2時間ほどありますが、無理をして風邪を引くわけにもいきません。

今回の彦根レポはここまでです。初日は見ていないので、キャラクターのバリエーションに関しては何とも言えませんが、個人的に今年は不完全燃焼のまま彦根を引き上げました。もしかすると前日来ておいた方が、倍以上のマスコットキャラを見られたかもしれないです。

11・12年はこれでもか!という程に記事を出しに出して、読者の皆様をうんざりさせてしまいましたが、今年のレポはこれで終わらせたいと思います。

「ご当地キャラ博in彦根2013」(完)

撮影日:2013年10月20日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):