11月5日から6日にかけて、愛媛県松山市で「ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ」が開催されました。その名の通り、今や恒例になった「ゆるキャラ(R)グランプリ」(以下、「ゆる略)」)に関連したイベントで、この2日間で決選投票が行われるというものです。

長らくネット投票だけで順位が決められていましたが、2014年からイベントを催して、そこで決選投票を行って最終順位を決めるというスタイルに変更されました。私はこのグランプリに長らくノータッチを貫いてきました。しかし、あえて決選投票の会場に出向くことで、ご当地キャラ・企業マスコット界の現状を確かめておかねばと思い、「敵陣に乗り込む」思いで松山入りをしました(タテマエ)。

今回は「ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ」会場内で、100体を超す参加マスコットに密着したいと思います。以下、時系列に沿ってお届けします。

(目次)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (1)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (2)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (3)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (4)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (5)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (6)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (番外)




DSCN2021.jpg
時刻は朝の9時、ちょうど開会式のさなかに会場の松山城に到着しました。会場入口では愛媛県知事等を迎え、盛大に開会式が挙行されています。このイベントは「ゆる略)」の決選投票だけでなく、2017年に行われる愛媛国体のプレイベントも兼ねて行われています。

式場にはホスト役にあたる「バリィさん」(愛媛県今治市)と「みきゃん」(愛媛県)の姿があります。周囲には物凄い人だかりができており、近づいて事の成り行きを見届けるのはやめました。代わりに松山城の中腹に登って、会場の様子を上から俯瞰でもしてみます。

DSCN2022.jpg
イベント会場は城内の広大なスペースを利用して敷設されています。入場料がかかるため、入口は一か所のみ。出口もやはり1か所のみに限定されているようです。

イベントが始まってから5分も経っていませんが、会場内ではすでに多くのマスコットがグリーティングを開始していますね。様々な色の旗がなびいて、会場通路はカラフルに染め上げられています。

会場を一通り俯瞰したところで、会場入口に戻ります。入口は既に閑散としており、先ほどとは打って変わり静まり返っています。当日券で入場料を納め、外界とは対照的に混沌とした会場に入っていきましょう。当日券は500円(投票権1枚込み・再入場不可)。

DSCN2023.jpg
▲ちゃちゃ丸(岐阜県池田町)
会場入口の周辺は主に、企業マスコットのブースになっています。「ちゃちゃ丸」のように、一部ご当地キャラもここでグリーティングしていました。

DSCN2024.jpg
▲はっぴーカバー君(松山市消防局)
彦根のように、会場地元のマスコットも勢揃いしています。つまり「愛媛キャラ」が沢山登場しているということです。

DSCN2025.jpg
▲シープリン(公益社団法人日本臨床工学技士会)

DSCN2026.jpg
▲つげさん(大阪府貝塚市)

DSCN2027.jpg
▲カミスココくん(茨城県神栖市)

DSCN2028.jpg
▲とりカエル(伊予銀行)

DSCN2029.jpg
▲マッピー(愛媛マンダリンパイレーツ)
プロ野球独立リーグ系のマスコットです。

DSCN2030.jpg
▲しろくまピース(とべ動物園)

DSCN2031.jpg
▲ムーニーちゃん(ユニ・チャーム)
CMでおなじみ、紙オムツ「ムーニーマン」のマスコットも参加しています。というかそもそも、着ぐるみ自体あったんですね。

DSCN2032.jpg
▲あじさいちゃん(神奈川県開成町)

DSCN2033.jpg
▲だいとくん(大東建託)

DSCN2034.jpg
▲ぴーちゃん(STNet)
四国は香川県発、ブロードバンドサービス「pikara」のマスコットです。微動だにしないその姿、ふと気になって眺めているも動かず。中身はもしや、空っぽじゃないでしょうね?

DSCN2035.jpg
▲サニエル(サニクリーン)

DSCN2036.jpg
▲ウェッピー(松山西中等教育学校)

DSCN2037.jpg
▲すわんぞな(新居浜市医師会)

DSCN2038.jpg
▲ツル(医療法人東西会)

DSCN2039.jpg
▲(左から)オース、ラリア(インベスコ・アセット・マネジメント)

DSCN2040.jpg
▲かいづっち(岐阜県海津市)
これは典型的な塩崎キャラです。

DSCN2041.jpg
▲えやろ(フィールド愛の和)

DSCN2042.jpg
▲いまぞう君(今治造船)

DSCN2043.jpg
▲レスQちゃん(日本エイジェント)

DSCN2044.jpg
▲「レスQちゃん」と一緒に

DSCN2045.jpg
▲ソラトくん(太陽石油)

DSCN2046.jpg
▲にゃんと(愛媛トヨタ自動車)

DSCN2047.jpg
▲ゆたま王子(道後プリンスホテル)

DSCN2048.jpg
▲帯子ちゃん(前結び宗家きの和装学苑)

DSCN2049.jpg
▲ラブちゃん(吉田石油店)

DSCN2050.jpg
▲トマックン(日本化工塗料)

DSCN2051.jpg
▲たくトン(宅都ホールディングス)
「たくトン」は「ビズベア」のように、3体で1つという所謂3兄妹です。写真上で写っているのはそのうち2体だけですが、他にも緑色の「たくトン」が存在します。

DSCN2052.jpg
▲「たくトン」と一緒に

DSCN2053.jpg
▲りそにゃ(りそなホールディングス)

DSCN2054.jpg
▲こんのすけ(ニトロプラス)

DSCN2055.jpg
▲ぽすくま(日本郵便)

DSCN2056.jpg
▲ららら(岐阜県各務原市)

DSCN2057.jpg
入口から50メートルほど進むと、やがてご当地キャラクター主体のブースに入っていきます。はて、物凄い人だかりができていますが、しんじょう君でもいるのでしょうか?いや違います。

ど真ん中にいる黄色い物体は・・・「しまねっこ」(島根県)でした。

DSCN2058.jpg
▲つえみちゃん(奈良県御杖村)

DSCN2059.jpg
▲(左から)こんぴーくん(『四国こんぴら歌舞伎大芝居』事務局)、やかっぴー(岡山県矢掛町)
ここから本格的にご当地キャラとの遭遇が続きます。

今回は「しまねっこ」のように、周囲に人だかりができて密着しづらいマスコットに「しんじょう君」(高知県須崎市)を想定しています。おそらく時間を限定して出てくると思うので、いかにして上手く「しんじょう君」に密着できるかが今回の課題です。特徴ある帽子と人だかりに注意しながら散策を進めていきます。

撮影日:2016年11月5日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
博多駅に穴があいたので心配でしたが、無事お帰りになられたようですね?
https://twitter.com/m34toce/status/795758623532019712
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年11月08日(火) 08:06
りそなホールディング
取引先に、りそなのカレンダーが貼ってあって、なんか猫がいる、位の認識はあったんですが、実体化してたんですね。


ゆるキャラも人気の取り合い、厳しい世界ですが、企業なんかはどんどん参入してくるのが不思議です。安直に着ぐるみ出していいのかな?って気もしますが。


追伸。博多駅前、凄いことになってますね。何事も無いよう祈ります。お気をつけて。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2016年11月08日(火) 13:49
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):