(目次)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (1)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (2)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (3)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (4)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (5)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (6)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (番外)



愛媛県松山市で開催された、「ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ」の会場内を散策していきます。企業ブースの多い区画を抜け、続いてはご当地キャラクターのブースを巡りながら、マスコットに密着したいと思います。

11月5~6日,「吉祥物大賽2016 in愛顔之愛媛」擧行了在愛媛縣松山市。今次走走會場裡,把過100體的當地、公司吉祥物着眼。

DSCN2060.jpg
▲ニホンカワウソマボロシ幻ちゃん(ゆーかり企画)
ベースがニホンカワウソだし、マスコット自体は可愛くて良いと思いますよ。ただ、公式ブログが・・・いろいろと残念です。

いろいろな角度から、しんじょう君を観察

DSCN2063.jpg
お、黄色い猫。
さらに会場を進むと、おや・・・案外すぐそこにいるじゃないですか。高知県須崎市のマスコット「しんじょう君」です。お隣には「しまねっこ」(島根県)と「うどん脳」(うどん脳ライセンス事務局)の2体もそろい、計3体でミニ撮影会でも開いているのでしょう。

「新莊君」(照片上、中央)是高知縣須崎市的吉祥物,已經絶滅的(2017年在對馬再找到了)日本水獺男兒。「新莊君」的「新莊」表示流經須崎市內的新莊川,此是日本水獺最後目撃地。他帽子倣照須崎美食「鍋焼拉麵」,不僅可以分開,還可以頂其他吉祥物啊。

(追記)
2017年、長崎県対馬でカワウソと思しきイタチ科動物の映像が収められました。もしかするとニホンカワウソかもしれないとのことです。個人的には絶滅していないと信じていますが、今回の一件が事実ならば喜ばしいことです。それにしても対馬のカワウソはいつ、どこからやって来たのでしょうか。どの種に属するのかも気になります。

今回の一件を受け、「しんじょう君」もメディアの取材を受けているようです。なかなか露出の機会に恵まれなかっただけに、今のところ良いこと尽くしです。


DSCN2061.jpg
▲ミニ撮影会を開く(左から)しまねっこ、しんじょう君、うどん脳

DSCN2062.jpg
動きがシンクロした「しまねっこ」と「しんじょう君」。これをあざといと呼ばずして、どう形容すればよいのでしょう。なんか2体を間近で収めちゃっていますが、これは全く想定外のことでした。彦根のように、近寄りがたいのを予想していましたので。

DSCN2064.jpg
今回、「しんじょう君」を被写体にしてやってみたいことがありました。まずは1つ目から、全体像を真正面から収めてみます。うん、これは標準的な「しんじょう君」ですね。出ベソなのも可愛い(つーかそもそもカワウソって出ベソ気味なのよね)。

DSCN2065.jpg
続いて2つ目、上目遣いの「しんじょう君」をあえて下から見たらどうなるか、早速やってみました。おや、どうやら上目遣いなのに加え、瞳がやや左上に傾いていますね。これには気が付きませんでした。

「しんじょう君」を下から見てみると、目つきのキツさが和らいで見えることが分かりました。

DSCN2066.jpg
横の「しまねっこ」と並んで、あざとく振る舞う「しんじょう君」。こんな時でも投票の呼びかけは忘れず、投票箱を手にして盛んにアピールしています。

この2体はとりわけ人気のあるマスコットですが、案外かんたんに見られたのには驚きました。ところがそれもつかの間、「しまねっこ」が続いて向かった先には、記念撮影を待つ長蛇の列が待っていました。「しんじょう君」もこれから、会場内をしきりに移動することになります。

怒涛のマスコット密着、続々と・・・

「しまねっこ」と「しんじょう君」に別れを告げ、会場散策に戻っていきます。これまで見てきたマスコットは総参加数のごく一部に過ぎません。まだ時間はありますし、じっくりと見ていきましょう。

DSCN2067.jpg
▲しこちゅ~(愛媛県四国中央市)
んまァ~塩崎さんったら、やらしいわね。何が嫌らしいかって?さあなんでしょう。

DSCN2070.jpg
九州キャラの多い一角に向かうと、そこには宮若市の追い出し猫「さくらちゃん」がいました。

DSCN2071.jpg
▲「さくらちゃん」の後ろ姿
まさか(宗像の)お隣の自治体から、マスコットが参加していようとは思ってもいませんでした。早速スタッフさんに挨拶しておきます。なんと、お隣で撮影中のご婦人も福岡県民とのことで、突如として同郷意識が芽生えたのはいうまでもありません。

DSCN2069.jpg
近くでグリーティング中の「さぬどん」(香川県観光協会)が気になった「さくらちゃん」、早速近づいて背中のパーツをいじくり回し始めました。うどんを啜られる「さぬどん」(こいつも喋るのね・・・)、パワーを吸い取られているように見えますが大丈夫か?

DSCN2072.jpg
▲かみりん(愛媛県上島町)
ハリネズミ・・・じゃありません!こんな外観でも、一応海の神様なんです。

DSCN2073.jpg
▲がんばくん(長崎県)
相方の「らんばちゃん」と一緒に松山にやって来ました。2体合わせて「がんばらんば」、いわゆる国体キャラの類です。つまり「みきゃん」の先輩格にあたるとも言えますね。

DSCN2074.jpg
▲とべっち(愛媛県砥部町)
外観はご当地キャラらしく、愛媛の特産品「温州蜜柑」と砥部町の「砥部焼」が組み合わさっています。塩崎キャラのように、特産品をむやみに詰め合わせているわけではなく、シンプルでかつ格好よく仕上がっているのが良い。

個人的に、「バリィさん」台頭前の愛媛キャラといえば「とべっち」でした(両マスコットともに2009年誕生)。「バリィさん」「みきゃん」の双頭体制が確立して肩身が狭くなった今も、持ち前の大胆さとサービス精神は健在です。

DSCN2075.jpg
▲「とべっち」と一緒に

DSCN2076.jpg
▲ふんどうくん(松山市考古館)
弥生期の分銅型土製品が松山で発掘されたことに由来します。

DSCN2077.jpg
▲ゆりぼう(愛媛県久万高原町)
アメブロで公式ブログを運営している縁もあって、「ゆりぼう」の存在はだいぶ前から知っていました。立体モデルとの遭遇は、今回がようやく初めてです。

DSCN2079.jpg
▲ハッピーニンジェルズ「モーリィ」(ウィズユウー)
ソーシャルゲーム『HappyNingels』のマスコットで、赤ちゃん忍者という設定です。「エメ」と一緒に松山にやって来ました。

DSCN2080.jpg
▲ぽっちゃん(松山市公営企業局)
「はっぴーカバー君」の応援に駆けつけてきました。手にしている投票箱もカバー君のものです。

DSCN2082.jpg
▲よしあきくん(松山城)
所謂「お城系マスコット」です。

DSCN2083.jpg
▲モグッピー(愛媛県松山市)
松山市の食育推進キャラクターとして活動中です。佐賀県でいうところの、「たべんばくん」と同じポジションにあたります。

DSCN2084.jpg
▲うわカモン(西予市立宇和中学校)
今や中学校もマスコットを持つ時代になったんですね。宗像にも城山中学校に「つたやん」なるマスコットがあります。

DSCN2085.jpg
▲しろくまピース(とべ動物園)
あれ、さっきも「ピース」を見かけたような・・・見た目がちょっと違いますよ。う~ん、気のせいでしょうか。

変幻自在の「ピース」に遭遇したところで、「ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (2)」はお開きです。マスコットへの密着はさらに続きます。

撮影日:2016年11月5日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):