11月8日早朝、福岡市博多駅前の道路で大規模な陥没が発生しました。現場は博多駅とキャナルシティ博多を結ぶ近道のため、交通の混乱が起きているか気になっていました。

今回は現場周辺の現状についてお届けするとともに、博多駅周辺における動線の状況についてお伝えします。

DSCN2272.jpg
陥没現場の周囲50~100メートルは安全確保・復旧作業のため、立ち入りが規制されています。地上からだと、現場を鮮明に見渡すことはできません。そこで、現場が鮮明に見渡せるJR博多シティ屋上の「つばめの杜広場」には、報道関係者や事故に関心を寄せる一般市民が多く集まっています。

DSCN2274.jpg
▲JR博多シティ屋上から陥没現場を見下ろして
陥没事故は博多駅前2丁目交差点で発生しました。車道だけでなく歩道までもが、すべて崩れ落ちている様子を見て取れます。陥没によってできた穴には、茶色く濁った水がたまっています。

DSCN2284.jpg
続いて、事故現場に近い「はかた駅前通り」の状況に移ります。この通りは事故現場に直結する道で、地下では福岡市地下鉄七隈線の延伸工事が行われていました。

この事故によって、博多駅前から約270メートルの区間が通行規制を受け、自動車が通れなくなっています。ただし、歩行者は駅前から約70メートル進んだ場所まで立ち入れるようになっています。

DSCN2285.jpg
▲立ち入り規制地点(東側)

DSCN2287.jpg
▲立ち入り規制地点(南側)

DSCN2289.jpg
▲立ち入り規制地点(西側)
歩道も崩落している様子が見えます。陥没の穴は建物の一部基礎にまで及び、杭基礎の柱が露出している個所もあります。

DSCN2290.jpg
ミキサー車がひっきりなしに行きかい、陥没地点に充填剤を投入しています。

DSCN2291.jpg
▲立ち入り規制地点(北側)
はかた駅前通りの通行量自体がそう多くないせいか、代替路が充実しているためか、交通渋滞等の混乱はとくに見られませんでした。大博通りや住吉通りの交通量は通常通りとなっています。

また、事故から1日を経て、立ち入り規制区域に近いオフィスや医療施設の中には、営業を再開した所も出てきました。

撮影日:2016年11月9日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
早速、詳しくレポしてくださいまして、ありがとうございます。

七隈線は、南側から来るのかと勘違いしていましたが、よくよく考えると、北側からですね。

駅前の道路にしては、交通量が少ないのですね?
空港線が通っている道路かと思っていましたが、その西隣の道路でしょうか?
確かに、西側(住吉とか薬院側)のほうが、交通量は多かった気がします。
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年11月09日(水) 23:20
今晩は。ニュースを見てビックリしました。
なんにしても死傷者が出なくてよかったと思います。
ニュースで見た限りですが、作業員の方の避難や、交通止めなどの対応が迅速だったなあ~と思いました。
ニュースによると以前にも、事故があったとか?
事故慣れだけは、してほしくありませんね。
さんいー #- [ 編集 ]    2016年11月09日(水) 23:26
またすみません。

「福岡市が「地質変化の懸念」伝達 地下鉄工事入札前に」なら、何故事前じ防止策を講じなかったのか、不可思議です。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0336353.html
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年11月10日(木) 00:31
さんいーさん
さんいー様、こんばんは。

事故から1週間でもとに戻すことが出来た行動力の早さ、素晴らしいものがあると思います。事故検証の計画もよく考えて行われていると思いますし、事故後の一連の行動は評価してよいと思います。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年11月16日(水) 22:26
レラティーさん
今回の事故が起きた道路は車線数も少なく、駅前をはさんで隣接する住吉通り・大博通りに比べると交通量は少ないと思います。このことは事故後、交通の大幅な乱れが起きなかった理由の一つといえます。

博多は元々入り江がちの地形だったので、表土がもろい場所も結構あるのでしょうね。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年11月16日(水) 22:31
以前は、もっと海岸線が近かったのでしょうか?
今でも海岸に比較的近く、仰る通り脆い地形かもしれませんね。
地震や風水害のときにも不安ですよね。

事故そのものは、防がなければなりません。
とはいえ、復旧に7日間と長く掛かったように感じましたが(東日本大震災とか、今年の台風10号からの高速道路復旧とかと比べると)、それでも同じ先進国でありながら英独には驚異に感じられたようですね。

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/international/international/1-0338912.html
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年11月17日(木) 03:24
レラティーさん
> 以前は、もっと海岸線が近かったのでしょうか?
> 今でも海岸に比較的近く、仰る通り脆い地形かもしれませんね。
> 地震や風水害のときにも不安ですよね。

古い文献や絵図によると、今の櫛田神社や住吉神社のあたりまで海が入り込んでいました。博多の街は元はというと、入り江を中心に発達した街なのです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年11月17日(木) 19:58
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):