(目次)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (1)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (2)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (3)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (4)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (5)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (6)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (番外)



愛媛県松山市で開催された、「ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ」の会場内を散策していきます。グランプリ常連からレア度の高い中小団体のマスコットまで、幅広い場所から多くのマスコットが参加しています。

11月5~6日,「吉祥物大賽2016 in愛顔之愛媛」擧行了在愛媛縣松山市。今次走走會場裡,把過100體的當地、公司吉祥物着眼。

DSCN2086.jpg
「にゃんよ」(愛媛県)の特設ブースが見えてきました。このマスコット自体は別のブースを拠点に、「伊達にゃんよ」名義で参加しています。こちらには、通常仕様の「にゃんよ」をあしらったパネルが置かれていました。

「にゃんよ」は大きなイベントがあるごとに、その場に応じて様々な服装で登場します。パネルにある藍色の着物はベースの姿で、その他にも「伊達にゃんよ」「にゃんよ車掌」「愛育フィッシュ仕様」があります。

DSCN2087.jpg
▲ひやわん(名張地区まちづくり推進協議会)
名張出身のデザイナーによって生み出された、怪しい表情のマスコットです。

DSCN2088.jpg
▲ぱんジャくん(JAバンクえひめ)

DSCN2089.jpg
▲(左から)ショッピィ、フジッピィ(フジ)
スーパーマーケット「フジ」のマスコットです。「ショッピィ」「フジッピィ」の他にも、ピンク色の「ハッピィ」がいます。3体揃って松山になってきました。

DSCN2091.jpg
▲左から、「あわブタ」(イーグルスター)、みっくす(ふれっしゅ)
「みっくす」は島根県松江市に店舗を構えるジューススタンドのマスコットで、ご覧の通りハムスターです。

DSCN2092.jpg
▲カメ(医療法人東西会)

DSCN2093.jpg
▲たくトン3兄妹「拓哉」(宅都ホールディングス)

DSCN2094.jpg
▲たくトン3兄妹「拓哉」と一緒に

DSCN2095.jpg
▲伊達にゃんよ=にゃんよ(愛媛県)


▲新居浜まちゅり(新居浜まちゅり隊)

DSCN2097.jpg
うん、相変わらず「しんじょう君」は引っ張りだこです。帽子を取った丸い頭の状態も可愛いし、尻尾も可愛い。「しんじょう君」の後ろ姿を見て損はしません。

DSCN2098.jpg
▲しらぺん(白浜町商工会)

DSCN2099.jpg
▲ちりゅっぴ(愛知県知立市)

DSCN2101.jpg
▲やいちゃん(静岡県焼津市)
これはなんとも珍しい、魚系の塩崎キャラです。

DSCN2103.jpg
▲「やいちゃん」と一緒に

DSCN2105.jpg
▲「あじさいちゃん」と「ひやわん」が一緒に並んで

DSCN2106.jpg
▲ミクリン(「御殿場みくりやそば」あなたのそばで振舞隊)

DSCN2107.jpg
▲もとまる(岐阜県本巣市)
あぁ~これは塩崎ですね。顔のパーツが「かし丸くん」(佐賀県鹿島市)と同じなので、非常に分かりやすいです。しかも、名前だって似ていますからね。

DSCN2108.jpg
▲フクロー(花巻温泉)
岩手県にある花巻温泉で旅館・レストラン等を運営する企業のマスコットです。

DSCN2109.jpg
▲ちゃちゃも(三重県松阪市)

DSCN2110.jpg
▲とち介(栃木県栃木市)

DSCN2111.jpg
▲みらいりんぞう(茨城県つくばみらい市)
間宮林蔵に憧れ、未来の世界からやってきたというヒバリの子です。「みらいりんぞう」が生まれた世界では、果たして南樺太は還ってきているでしょうか。

樺太のご当地キャラというのも、死ぬまでに見てみたいものです。あそこにはフレップ(コケモモ)や間宮林蔵、オタスの杜、海豹島のオットセイなど、ご当地キャラの素材とするにはうってつけの物件が沢山ありますので。

DSCN2112.jpg
▲アルクマ(長野県)
2015年3月、北陸新幹線の金沢延伸が間近に迫る長野駅で「アルクマ」とニアミスしています。あれから1年半を経て、ようやくお目にかかることができました。

DSCN2113.jpg
▲なーしくん(愛媛県愛南町)
愛南町を含む地域で話される御荘弁の特徴として、語尾に「なーし」という点があります。「なーしくん」の名前はこれにちなんだもので、決して果物のナシとは何の関係もありません。

「なーしくん」はカワウソの男の子で、頭には特産品の柑橘「愛南ゴールド」の帽子を、首には真珠の飾りを、腰にはヒオウギ貝の前掛けを付けています。尻尾に目をやると、なんとカツオが噛みついています。愛南町は四国一のカツオ水揚げ量を誇る、漁業の町なのです。



さて、会場入り口からここまで50体以上ものマスコットに出会ってきました。しかしまだ会場は先へ先へと続いているではありませんか。少し疲れてきましたが、頑張って密着を続けていきましょう。

撮影日:2016年11月5日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):