(目次)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (1)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (2)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (3)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (4)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (5)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (6)
ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ (番外)



愛媛県松山市で開催された、「ゆるキャラ(R)グランプリ2016 in愛顔のえひめ」の会場内を散策していきます。このイベントには四国キャラのみならず、九州・本州・北海道からも多くの参加がありました。

11月5~6日,「吉祥物大賽2016 in愛顔之愛媛」擧行了在愛媛縣松山市。今次走走會場裡,把過100體的當地、公司吉祥物着眼。

DSCN2147.jpg
▲チャップン爺やん(チャップン家)

DSCN2150.jpg
▲「チャップン爺やん」と一緒に

DSCN2151.jpg
▲しまばらん(長崎県島原市)
ゲーム『妖怪ウォッチ』のデザイナーが手掛けたマスコットです。なるほど、どうりで既視感があると思いました。

DSCN2152.jpg
▲O級くん(大洲特産品開発委員会)

DSCN2153.jpg
▲くるっぱ(福岡県久留米市)

DSCN2154.jpg
▲ゆめずきんちゃん(JA全農ながさき)

DSCN2155.jpg
「なーしくん」をもう少しカッコ良く撮りたかったので、もう一度だけ写真のモデルを依頼しました。これで良し。

DSCN2156.jpg
▲まにぞう(岡山県真庭市)

DSCN2157.jpg
▲まゆぴー(京都府綾部市)

DSCN2158.jpg
▲らとちゃん(島根県大田市)

DSCN2159.jpg
▲左から、みむりん(埼玉県美里町)、コバトン、はにぽん、さいたまっち

DSCN2160.jpg
▲左から、きたひろ マイピー、ゆうくん(北海道京極町)
「ゆうくん」は相方の「すいちゃん」と一緒に松山へとやって来ました。

DSCN2161.jpg
▲うみえもん(北海道厚岸町)

DSCN2162.jpg
▲「うみえもん」と一緒に

DSCN2164.jpg
▲おおまぴょん(長野県大町市)

DSCN2165.jpg
▲さっちゃん(埼玉県幸手市)
幸手市役所にも立派なマスコットがいたんですね。幸手市商工会に「ふーちゃん」という豆腐のマスコットがいることは、ずいぶん昔から知っていましたけど。

DSCN2166.jpg
▲「さっちゃん」と一緒に

DSCN2167.jpg
▲もう一度、「ぽっちゃん」(松山市公営企業局)を一枚
何度も何度も呼び止めてしまって、すみませんね。

DSCN2168.jpg
▲ポインコ(NTTドコモ)
今やCMでお馴染みになった、関西弁を話す変ちくりんな黄色い鳥「ポインコ」兄弟の姿もありました。

DSCN2169.jpg
▲左から、かわに~ズ「かつうらがわに~」(とくしま旅づくりネット)、すだちくん

DSCN2170.jpg
▲チュッピー(岡山県総社市)

DSCN2171.jpg
▲いのとん(愛媛県東温市)

DSCN2172.jpg
▲左から、ユリノキちゃん(東京国立博物館)、トーハクくん(同左)

DSCN2174.jpg
▲がんばらんば「らんばちゃん」(長崎県)

DSCN2175.jpg
▲さくやちゃん(静岡県富士宮市)

DSCN2177.jpg
▲フランソワーズびわ(個人?)

DSCN2178.jpg
▲尾鷲よいとこ「ヤーヤにゃん」(尾鷲市社会福祉協議会)

撮影日:2016年11月5日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
来年は苫小牧で開催なんですね。

しかし、名前が「ご当地キャラふれんどフェスティバルinとまこまい」に変わるようですが・・・?
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2016/11/12/20161112m_08.html
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2016年11月12日(土) 12:12
レラティーさん
> 来年は苫小牧で開催なんですね。

開催時期とイベント名からして、これはグランプリとは関係ないイベントのようですね。とはいえ、北海道でこのような大規模なイベントが行われるのは珍しいと思います。2日開催というのも、だいぶ気合を入れているようですし。
「道外からファン層に来てもらって、市内のホテルに泊まってもらい、名物料理を堪能してもらおう」という狙いが込められていると見ました。


> しかし、名前が「ご当地キャラふれんどフェスティバルinとまこまい」に変わるようですが・・・?
> http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2016/11/12/20161112m_08.html

最近ではあえて、「ゆるキャラ(R)」という名称を避けて開催しているところ(彦根、羽生など)が多いです。あの言葉は一応登録商標ですから、使用する際は高額のロイヤルティや面倒くさい手続きが必要なのでしょう。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年11月16日(水) 22:47
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):