韓国にも日本ほどではありませんが、ご当地キャラクター・企業マスコットが存在します。残念ながら、ネット上やメディアで取り扱われることは殆どありません。近年、反韓感情が高まっている中で、わざわざ韓国ネタを発信してもメリットがないからでしょう。

しかし、全く発信されないことで生じる問題もあります。それが、「真実が全く伝わらない」ということです。韓国のマスコットを扱う媒体がなければ、きっと「彼の国にはご当地キャラが殆どいない」という認識が通用するでしょう。そこで当ブログでは、韓国のご当地キャラクター・マスコットキャラクターについて、訪韓する度に調査を行うことにしました。

今回は韓国南部の都市・釜山に路線網を展開する釜山交通公社、通称「ヒューメトロ」のマスコット「ファミリーヒュー」について、簡単に調査を行いました。このマスコットは電車の姿をしており、路線ごとに4つの色・形態が存在します。可愛くて親しみやすいデザインにすることで、市民にとって家族のような存在でありたいという、釜山交通公社のねらいが表現されています。

DSCN2424.jpg
▲釜山駅入口にて、1号線仕様の「ファミリーヒュー」

DSCN2425.jpg
▲2号線仕様の「ファミリーヒュー」

DSCN2452.jpg
▲4体揃った「ファミリーヒュー」
どうやら「ファミリーヒュー」は4体の総称らしく、残念ながら1体ごとの固有名はありません。1号線はオレンジ、2号線は緑色、3号線は茶色、4号線は青色がラインカラーです。

4号線は新交通システムを採用しているため、同線に該当するマスコットの頭にはパンタグラフがありません。そのあたりはちゃんと考えてデザインされているんですね。

DSCN2464.jpg
▲李舜臣仕様の「ファミリーヒュー」?
甲冑を付けていますし、場所が場所なだけに李舜臣軍団の可能性が高いです。ハングルが読めないので断定できませんが・・・

撮影日:2016年12月5日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):