今回お届けする「慶州朴家テジクッパ」は韓国南部、釜山広域市釜山鎮区にある食堂です。釜山屈指の繁華街・西面にあるこの食堂では、釜山の名物料理「テジクッパ」が提供されています。

同店の周囲にはテジクッパを提供する食堂が軒を連ねており、そのため一帯は「西面テジクッパ通り」と称されています。2016年4月には、こちらにある「松亭3代テジクッパ」を訪れました。その時の記録は「国際フェリーに乗りたくて・・・はじめて釜山に行ってみた(前編)」の末尾を参照のこと。

DSCN2427.jpg
▲「西面テジクッパ通り」全景

DSCN2428.jpg
▲「慶州朴家テジクッパ」外観
黄色い看板が特徴です。看板には漢字も書かれてあるので、迷うことはほぼ無いでしょう。

DSCN2436.jpg
▲「慶州朴家テジクッパ」店内
豚肉スープは店頭で調理されています。冬になると店頭の湯気は一層濃くなり、えもいえぬ趣深さを感じます。店舗入口附近も調理スペースになっています。

DSCN2433.jpg
さすがは有名店なだけあって、店内には韓国芸能人のサインが所狭しと掲げられています。

DSCN2430.jpg
▲「慶州朴家テジクッパ」メニュー表一覧
同店には様々な種類のクッパが揃っています。店名にある通り「テジクッパ」や腸詰めを加えた「スンデクッパ」、ネジャン(内臓)クッパのほか、茹で豚肉(スユク)がメインの「スユクペッパン」もあります。

DSCN2429.jpg
今回は名物の「テジクッパ」を注文、6000ウォン(600円)なり。まずはキムチ等の所謂「おかず類」と白飯が出てきました。こちらではどうやら、スープと白飯を別々に出しているようです。この状態で出されるクッパを現地語では「タロクッパ」といいます。

DSCN2432.jpg
続いて白濁色の豚肉スープが出てきました。味は殆どついていないので、オキアミの塩辛とニラキムチで味付けしましょう。スプーンに塗られた赤い"タテギ"をスープに溶かすと、辛味が出てよりホットな味わいになります。

ニラキムチは白飯・オキアミと一緒に、豚肉スープに入れてしまいましょう。別椀に盛られた玉ねぎと青唐辛子は、甘じょっぱい味噌につけていただくと美味です。

DSCN2434.jpg
豚の薄切り肉はよく茹でられ、さっぱりとして美味です。嬉しいことに油っこさは感じません。豚肉は酢醤油タレに付けていただくと美味しいですよ。

●アクセス:都市鉄道1号線・2号線西面駅から徒歩5分

撮影日:2016年12月6日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
韓国旅行 楽しそうですね!
デジクッパも美味しそう。
海外旅行に行く機会はなかなかありませんが行きたいですね。
こーたろー #- [ 編集 ]    2016年12月17日(土) 16:22
こーたろーさん
韓国はずいぶんと嫌いな国でしたが、訪れてみて(ほんの少しだけ)印象が変わりました。次に釜山へ足を運ぶときは、泊りがけで蔚山や木浦方面に行ってみたいと思います。京城は・・・だいぶ先になりそうです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年12月17日(土) 23:04
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):