2013年ごろからJR東郷駅宗像大社口(北口)の改修工事・土地区画整理が行われています。2016年末になり、ようやく新ロータリーの大まかな形が完成しました。しかし工事はまだ完成には程遠く、ロータリーの至る所で重機が音を立てています。

今回は現ロータリーの中央部から、宗像大社口の様子を一望してみました。

DSCN2359.jpg
▲現ロータリー中央部から眺めた東郷駅舎
現ロータリーは8割方閉鎖され、重機によって掘り下げが行われています。掘り下げ自体はまだ始まったばかりで、地面には大量の砂利や土砂が積まれていました。工事前の面影はまだ残っています。

一方、駅舎の方も改修工事が行われています。エレベータはすでに撤去済みで、跡地は既に掘り下げられていました。また、エレベータをはぎ取られた駅舎は鉄骨をさらしています。壁が失われているため、コンコースの階段壁面部はビニールで覆われています。

DSCN2358.jpg
▲現ロータリー中央部から旧3号線方面を眺めて
将来、ロータリーと直結する旧3号線側を見下ろしてみると、クレーン車の姿が見えます。このクレーン車は何を隠そう、旧3号線側と平井地区を結ぶ橋梁の設置工事に使用されているものです。

以前、私は宗像市在住の読者様と、新ロータリーの延長線上(八並川)に橋を架けることを予想しました。それが見事に当たったというわけです。これで「新ロータリーと県道97号の交点から、八並川を挟んで北に伸びる道路」が拡張された理由が分かりました。

新設される駅前通りはつまり、旧3号線・八並川を越えた先の、平井地区にまで伸びるということです。ロータリー・駅舎改修工事完成後、東郷駅一帯がどのように変貌を遂げるのか、非常に気になっています。

撮影日:2016年12月2日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
駅前通りと国道と橋が繋がる…地元の駅じゃあ考えられないですね、平屋が似合いますから(笑)。


俺も撮れるとこは撮っておかなきゃな…ガラケーですが(^^;
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2016年12月19日(月) 23:59
焼きそばさん
東京はなにぶん建物が詰まりすぎて、開発しようにも難しい所が多いのでしょうね。個人的には再開発された場所よりも、下町風情のある方が好きなんですけれども。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2016年12月20日(火) 22:28
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):