年明けから半月ほどたち、半ば遅い初詣になりましたが、博多総鎮守の櫛田神社(福岡市博多区)へとやってきました。正月気分が抜けるころ、大きな神社では門松やしめ縄を燃やす「どんど焼き」が行われます。櫛田でもそれが行われているため、ついでにぜひ見ておきましょう。

しかしながら、1月もすでに後半にさしかかっています。はたして、どんど焼きを見ることはできるのでしょうか?

DSCN2580.jpg
博多駅から大博通りを歩くこと10分、櫛田神社の大鳥居が見えてきました。曇りがちとの予報とは裏腹に、青空が出るなど天気は良好です。日本列島を襲う寒波のせいで気温は低めですが、歩いていると徐々に温まってきました。これだから、寒いときは体を動かすのが一番だと思うのです。

DSCN2582.jpg
櫛田神社に入ると、早速見えてきました。山笠で「櫛田入り」をする広場には、どんど焼きで生じた灰が積み上がっていますね。観察しようと早速近づいてみると、ちょうど今、しめ縄飾りが燃やされているところに遭遇しました。

DSCN2583.jpg
▲櫛田神社で燃やされるしめ縄飾り
もう"どんど焼き"の終盤に差し掛かっているのでしょうか、灰の上ではしめ縄飾りが1つだけ炎を上げていました。

DSCN2584.jpg
灰の横を通り、境内に入っていきます。

DSCN2585.jpg
拝殿に続く石段を越えようとしていると、地面に気になる物体を見つけました。それはなんと、数メートル先で燃やされていた"どんど焼き"の燃え滓でした。軽い灰は風に乗ってここまで飛ばされてきたのでしょう。これも"どんど焼き"の時期ならでは。

DSCN2586.jpg
拝殿には参拝者が絶えません。外国人もお参りして神籤を買っていきます。そんな、賑やかな拝殿横には一つの泉があります(写真上)。その名も「霊泉鶴の井戸」といい、塩分を含んだ水が湧き出しています。ながらく飲用泉として愛されてきましたが、近年、衛生上の都合で飲用できなくなりました。

このように、厳しい衛生基準が設けられているからこそ、日本は飲用水に困らない国たりえるのです。厳しい衛生基準の下で、犠牲になった飲用泉があることを忘れてはいけません。

DSCN2587.jpg
最後は裏口の狛さんを鑑賞して櫛田神社を後にします。以上、福岡市博多区からお送りしました。

撮影日:2017年1月18日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
去年の2月に博多で呑んで適当に歩いていたら櫛田神社の横を歩いていました。
伝統がある神社だな~
と思いつつ博多のブロ友さんに会う為にスルーしてしまったのが悔やまれます。
境内に行っておけばよかったです。
こーたろー #- [ 編集 ]    2017年01月19日(木) 20:25
こーたろーさん
境内は比較的静かですし、滞在しやすい神社だと思います。地下鉄出入り口からも近いので、ぜひ次回お越しの際は櫛田へおいでください~
wra #- [ 編集 ]    2017年01月20日(金) 17:30
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):