2011年2月20日、九州を熱狂させるイベントが九州各地で同時開催されました。その名も「『祝九州』九州新幹線縦断ウェーブ」。九州新幹線全線開業(博多~鹿児島中央)を記念して催されたもので、特別塗装を施したN700系新幹線を走らせ、車内から沿線で列車を見送る人々を写し、その様子をCMにするという壮大な企画でした。

このビッグウェーブに便乗しようと、私wraも当日、沿線に出向くことにしました。はじめは博多駅手前の小学校から見送ろうと思いましたが、当日この小学校に入るには、あらかじめエントリーする必要がありました。エントリー開始時間を見計らい、予約サイトにアクセスしようとしたところ、なんと回線が大混雑してアクセスできず。結局いつの間にか"満員御礼"になったので、博多近辺はあきらめて新鳥栖駅手前で迎えることにしました。

当日の様子はすでに当ブログで取り扱っているのですが、なにせ当時の記事が拙いのなんの。おまけに未公開画像も多いことから、改めて当時の様子をしたためることにしたのです。なお、黎明期の文法構造が酷い記事は大方、読みやすいように書き換えておりますが、"ウェーブ"記事はあえて当時のまま残しています。

(過去の醜い記事に関しては、以下のリンクを参照のこと)
「祝!九州縦断ウェーブ ドキュメンタリー」
「速報版 『祝九州』九州新幹線縦断ウェーブ」

IMGP1874.jpg
"ウェーブ"当日、私はだいぶ余裕をもって鳥栖入りしました。というのも、この頃はまだ長崎本線の新鳥栖駅も開業しておらず、鳥栖駅から目的地まで数キロ歩く必要があったからです。

20110220114444(1).jpg
鳥栖駅に到着後、特急「リレーつばめ」と三階建て特急「かもめ・みどり・ハウステンボス」を収めてから鳥栖駅外へ。当時の鹿児島本線は華やかな特急街道でして、運行列車もずいぶんと個性に富んでいました。

DSC00034.jpg
鳥栖市のマスコット「とっとちゃん」を仰ぎ見ながら、鳥栖市街地を進むこと凡そ20分。やがて九州新幹線の高架橋が見えてきました。

20110220132304(1).jpg
新幹線の高架を潜り、長崎本線の踏切を越えてから目的地に向かいます。踏切の横には開業間近の新鳥栖駅があり、まだ傷一つない綺麗なホームをさらしています。

ちょうど踏切を抜けようとしたところ、警報機が鳴り出しました。

20110220132304(2).jpg
やがて、鳥栖方面から885系特急「かもめ」が近づいてきました。今でこそ塗装変更ですべて青帯化されていますが、当時は黄色帯の「白いかもめ」が幅を利かせていました。

長崎本線を越えて目的地へとやってきました。今回の目的地は新鳥栖駅の南側にある、安良川の堤防です。すでに大勢の参加者が堤防の上に揃い、列車の到着を待っています。周囲を見渡すと、列車のラッピングと同じ、「虹色のタオル」を身に着けている人が目立ちます。じっと到着を待つ人がいる一方で、ウェーブのリハーサルを重ねる団体もあります。

列車通過までだいぶ時間はありますが、周囲を見渡していると飽きることがありません。

ウェーブ編集(1)
堤防で待つこと数十分、ようやく列車の通過時間になりました。遠くからゆっくりと、ゆっくりと、ラッピング列車が近づいてきます。営業運転では260キロで疾走する区間ですが、今回のように徐行運転できるのも"開業前だからこそ"といえましょう。

新鳥栖ウェーブ (2)
ちょうど筆者の目の前では、J1サガン鳥栖のマスコット「ウィントス」が巨体を揺り動かしています。サガンの旗が堤防を彩ります。賑やかだ、ここに来てよかった!

列車はあっという間に新鳥栖駅を通過し、脊振山の麓へと消えていきました。

DSC00031.jpg
列車通過後、改めて新鳥栖駅近辺に出没したマスコットを記録に収めます。まずは先ほどもご紹介した、サガン鳥栖の「ウィントス」(写真上)。さすがは九州を代表するJリーグチームのマスコットなだけあって、子どもたちに大人気です。

DSC00032.jpg
おや、「ウィントス」のほかにもマスコットがいますね。「ドラゴン紳士」ともいえるその姿は、各地で室内遊園地を運営する「ファンタジーキッズリゾート」のマスコット「ファンファン」でした(写真上)

今回はご紹介できませんが、新鳥栖駅と久留米駅の間にある水田では、「唐ワンくん」を含む佐賀県内のマスコットが十数体ほどウェーブに参加していました。また、博多駅近辺のビル屋上では、「ニッコりん」を含む福岡市のマスコットも参加していたそうです。

撮影日:2011年2月20日

関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
もう6年経つんですね。
開業したのがつい最近のことのようです。
月日はあっという間に過ぎているんですね。
こーたろー #- [ 編集 ]    2017年01月24日(火) 20:14
こんにちは

忘れもしない2011年3月12日  華々しく九州新幹線全線開業するはずが 関東では震災関連の報道しかされず 鉄道ファンとしてはJR九州が哀れでなりませんでした。

たしか その年の6月ごろ長崎駅の待合室でウェーブのCMを初めて観て
こんな素晴らしいCMがあっただなんてと 涙を流したのを記憶しています。

そのウェーブにwraさんも参加されていたんですね。

本当に心温まるCMでした。
オバ鉄 #- [ 編集 ]    2017年01月25日(水) 13:13
こーたろーさん
あれからの6年間はあっという間のことでした。今では九州新幹線もしっかりと定着しており、博多から熊本が短くなったと思います(殆ど利用していませんが)。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年01月25日(水) 21:16
オバ鉄さん
オバ鉄様、こんばんは。

> 忘れもしない2011年3月12日  華々しく九州新幹線全線開業するはずが 関東では震災関連の報道しかされず 鉄道ファンとしてはJR九州が哀れでなりませんでした。

予定していた計画がすべてパーになったまでは良いものの、追い打ちをかけるかのように嫌な目に遭ってしまい、散々な一日になったのを覚えています。と同時に、自身の一件もあったのでたいへん緊張感のある一日でもありました。


> たしか その年の6月ごろ長崎駅の待合室でウェーブのCMを初めて観て
> こんな素晴らしいCMがあっただなんてと 涙を流したのを記憶しています。

ああいう壮大でかつ奇抜なCMを考案するところ、さすがはJR九州だなと思いました。あのような状況下で全通したにもかかわらず、CMが全国的に注目を集め続けようとは思ってもいませんでしたよ。


> そのウェーブにwraさんも参加されていたんですね。

遠くからそっ・・・と、ですけどね(笑)


> 本当に心温まるCMでした。

仰る通りです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年01月25日(水) 22:05

このCMの存在も、東日本大震災の数ヵ月後に、初めて知りました。
既出の通り、こちら側では、震災報道ばかりで、ニュース番組では、ウェーブどころか、開業の報道すらなかったからです。
ネットで東日本の住民にも好評だというので、その後YouTubeで見て、感慨深かったです。
なお、鹿児島ルートだけの開業なのに、全線開業っぽいニュアンスでの報道ばかりで、正確に伝えてほしいとも感じております。

脊振山脈をあっさりと過ぎ、すぐ新鳥栖に停車する速さは、博多からだと在来線と然程変わりないとはいえ、さすがに感動しました。
これのお陰で上場に漕ぎ着けましたが、国費を投入してやったことの是非は、疑問が全く無いわけではありません。(私のゼミでは北海道新幹線反対でしたし)

「白いかもめ」は、正式な愛称じゃないのに、発車標などで使われているので、驚きました。
今は、「青いかもめ」と表示しているのでしょうか?
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2017年01月27日(金) 23:32
レラティーさん
> このCMの存在も、東日本大震災の数ヵ月後に、初めて知りました。
> 既出の通り、こちら側では、震災報道ばかりで、ニュース番組では、ウェーブどころか、開業の報道すらなかったからです。

あの時期は世間が全体的にドンヨリとしてましたよね・・・
どこに行っても不謹慎、自粛、"上辺だけの"キヅナが付きまとい、なんとも苦しい2カ月となりました。


> 脊振山脈をあっさりと過ぎ、すぐ新鳥栖に停車する速さは、博多からだと在来線と然程変わりないとはいえ、さすがに感動しました。

在来線とは比べ物にならないほどの所要時間には、私も驚かされました。鹿児島までの所要時間もだいぶ短くなったんでしょうね~


> これのお陰で上場に漕ぎ着けましたが、国費を投入してやったことの是非は、疑問が全く無いわけではありません。(私のゼミでは北海道新幹線反対でしたし)

北海道新幹線の是非は昔から議論されているんですね。私も個人的には、新幹線を作るのではなくローカル線の状況改善をすべきだと思いましたが・・・相変わらず墓穴を掘り続けるJR北海道にはほとんど期待していません。もしJR北海道に樺太の鉄道を運営させていたら、一体どうなっていたものやら。


> 「白いかもめ」は、正式な愛称じゃないのに、発車標などで使われているので、驚きました。
> 今は、「青いかもめ」と表示しているのでしょうか?

さすがに「青いかもめ」は聞いたことがないですよ~
「白い~」の方も徐々に死語になってきているような気がします。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年01月28日(土) 23:56
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):