2017年に入り、ますます改良工事が進むJR東郷駅北口の現在についてお届けします。

かつての駅前ロータリーが掘り下げられたことで、駅に入る通路が徐々に狭くなってきました。現在使用されている通路も掘り下げの対象になるのですが、そこにも近日中に工事の手が入るようです。

DSCN2607.jpg
▲現在使用されている駅前通路
現在、ロータリーと駅舎入口は3段の小さな階段によって接続されています。この階段も工事によって消滅し、一段掘り下げられるのでしょう。

DSCN2608.jpg
▲北口通行ルート変更のお知らせ
従来の通路が使用できなくなるため、すでに掘り下げを終えている場所に仮設通路が設置される予定です。

かさ上げ中の3番乗り場

DSCN2609.jpg
さて、場所を移して駅ホームに上がってきました。こちらでも若干の変化が生じています。

たとえば3番乗り場に目をやると、門司港側の数メートル分がちょうど工事中になっています。これから数メートルかさ上げされるのでしょう。かさ上げ用のブロックがすでに、ホームの縁に固定されていました。

DSCN2610.jpg
▲かさ上げ工事中の3番乗り場

撮影日:2017年1月25日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
赤間は待避可能で、東郷は不可能かと思っていましたが、3番(4番)線まであるんですね。

ホームの嵩上げは分かるのですが、ロータリーを嵩下げするのは、何故でしょうか?

(蔡英文氏が、英語と日本語でツイートしたことがニュースになっていますね。
台湾は親日的だという印象ですが、大陸のほうから売国奴っぽい批判が相次いでいるようですね。
中文が分からないので、原文のニュアンスが分からないのですが・・・)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/international/international/1-0362832.html

https://twitter.com/iingwen/status/824832639811018752
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2017年01月30日(月) 01:16
レラティーさん
> 赤間は待避可能で、東郷は不可能かと思っていましたが、3番(4番)線まであるんですね。

東郷は元々国鉄型配線だったので、2番線に退避用の線路が敷かれていましたが、どうやら90年代中ごろに撤去されたようです。私が宗像に来た2000年の時点ではすでに撤去されていました。


> ホームの嵩上げは分かるのですが、ロータリーを嵩下げするのは、何故でしょうか?

元々ロータリーは平坦ではなく、地形に合わせて傾斜していました。今回の改修工事でロータリーを掘り下げたのは、これを解消するためでしょう。


> (蔡英文氏が、英語と日本語でツイートしたことがニュースになっていますね。
> 台湾は親日的だという印象ですが、大陸のほうから売国奴っぽい批判が相次いでいるようですね。
> 中文が分からないので、原文のニュアンスが分からないのですが・・・)

支那の方々は台湾侵略の夢が遠ざかるのを感じて、きっと歯がゆく思っておられるのでしょう。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年01月30日(月) 23:48
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):