今回は福岡市中央区の昭和通りにある、舞鶴1丁目交差点にやってきました。天神地区の西側に来ることは殆どない私ですが、今回こちらに来た目的は若者の街「親富孝通り」を調査するためです。

この「親富孝通り」という街路名は"おやふこう"と発音し、その発音から既にお察しの方もあるでしょう、もとの名前を「親不孝通り」といいました。

名称の起源はかつて一帯にあった予備校に由来します。予備校に通う浪人生は近隣の飲食店に入り浸っていました。街の人々はその様子を皮肉を込めて「親不孝だ」と評したところ、やがてそれは街路の通称として定着しました。現在では「親不孝」から「親富孝」に改称されながらも、その名前は天神の一角に根付いています。

DSCN2677.jpg
▲昭和通りと親富孝通りが交差する舞鶴1丁目交差点

DSCN2678.jpg
この親富孝通り、「大名」や「春吉」よりも若干静かな印象を受けますが、たしかに若者向けの店舗がたくさん並んでいます。カラオケボックス、ダーツ店、居酒屋は勿論のこと、他にも異様な数のインド料理店が見受けられました。とにかく多いです、インド料理店。

DSCN2679.jpg
さらに歩くと、茶色いビルが右手に見えてきました(写真上)。ほう、これがエンターテイメントショーで有名な「あんみつ姫」の劇場ですか。「博多どんたく」のパレードにも毎年参加しているこの「あんみつ姫」、たしか近年では外国人向けのショーもやっていると聞いています。

DSCN2680.jpg
スタート地点の舞鶴1丁目交差点を出てから10分、あっという間に那の津通りと交差する福祉センター交差点に到着しました(写真上)。こちらが親富孝通りの北の果てにあたります。

DSCN2681.jpg
福祉センター交差点から那の津通りを東に進むと、やがて九州朝日放送(KBC)本社が見えてきました(写真上)。ここから北に進めば那の津埠頭、東に進めば須崎公園、南に進めば天神交差点に至ります。

さて、KBC本社前に着いたところで今回の散策はお終いです。

2017年1月31日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
今晩は。
漫画「クッキングパパ」の中で「親富考通り」が出ていたと思います。「不幸」だったと思います。
福岡の町は漫画とかニュース映像位です。
これからもご紹介ください。
楽しみに待ってます。
さんいー #- [ 編集 ]    2017年02月05日(日) 21:39
さんいーさん
さんいー様、こんばんは。

> 漫画「クッキングパパ」の中で「親富考通り」が出ていたと思います。「不幸」だったと思います。

あの漫画は博多が舞台のせいか、見だすと止まりませんよ(笑)
おお、あそこが登場しているじゃないか!なんて思うこともしばしばです。

博多駅チカにはやはり、『クッキングパパ』ゆかりのラーメン屋もあってたまに食べに行きます。煮卵が旨いんですよ。


> 福岡の町は漫画とかニュース映像位です。
> これからもご紹介ください。
> 楽しみに待ってます。

東北の方となると、九州は一層遠く感じられるでしょうね。私も逆に青森は遠すぎて生きにくいイメージを抱いています・・・

そういえば、先ほど「リゾートしらかみ」の動画を投稿されましたね。早速、拝見&評価しました。
動画のタイトルとサムネイルをいじくれば、もっと視聴者が増えるかもしれませんよ~
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年02月06日(月) 00:19
「親富孝通り」の由来について、教えてくださいまして、ありがとうございます。

「親富孝通り」は1995-6年のNHK朝の連ドラ「走らんか!」で知りました。
主人公の前田汐ら、高校生が授業後、よくここにたむろし、喫茶店で語ったりバンドしていました。
名前からすると、居酒屋が多いのかと思っていたので、意外です。
当時はインド料理店はなかったかと思いますが・・・


さて、「親不孝通り」の名前が復活することが19日に決まったんですね!

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0370412.html
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2017年02月20日(月) 00:14
レラティーさん
> 「親富孝通り」は1995-6年のNHK朝の連ドラ「走らんか!」で知りました。
> 主人公の前田汐ら、高校生が授業後、よくここにたむろし、喫茶店で語ったりバンドしていました。

たしか2000年ごろまで若者のたまり場になっていたようですね。先日、もとの親不孝通りに戻るというニュースを聞いて、そういえば少し前に関連記事を書いたな~と、この記事の存在を思い出したところです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年02月22日(水) 23:24
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):