節分の日として有名な2月3日、福岡市博多区の櫛田神社では節分大祭が、東長寺では節分祭がそれぞれ催されました。この日は平日ながらも博多がにぎわっていると聞き、早速私も現地に出向いてみました。

櫛田神社「節分大祭」

DSCN2700.jpg
大博通りから櫛田神社の参道に入ると、この時点ですでに通行人でにぎわいを見せています。平日の櫛田神社近辺はひっそりとなりがちですが、今回だけは例外です。さすがに働き盛りの30~50代の来場者は少なめですが、学生や観光客、そして中高年層を中心に大勢の来場者を確認できました。

DSCN2701.jpg
山笠では「櫛田入り」が行われる広場では、ちょうど豆まきが行われているところでした。熊本県から例の「くまモン」も来ていたようですが、残念ながら彼の出番は既に終わっていました。「くまモン豆まきレポ」を期待していた皆さん、ゴメンナサイ!

東長寺「節分祭」

さて、気を取り直して次の目的地に向かいます。もと来た道を戻って東長寺を目指します。

DSCN2702.jpg
山笠では山門前に清道が置かれる東長寺でも、毎年節分行事が行われています。山門横には鬼とお多福の大看板が掲げられており、東長寺を知らない来場者でも入口がどこにあるか分かりやすいようになっています。

それにしても、ちょうど春節シーズンということもあってか、海外からの観光客が目につきますね。一応、春節連休は終わっているはずですが・・・

DSCN2704.jpg
東長寺境内に入ると、こちらも櫛田と同じく賑わっていました。おや、奥の方で薪の燃える音が聞こえてきますね。寒くなってきたので焚き火にでもあたってみることにしました。

DSCN2705.jpg
燃える音のする方に向かうとやはり、境内の一か所に穴が掘られ、その中で薪が燃やされていました。輻射熱が凄まじいおかげで、たき火の周囲は真夏のようにジリジリと照り付ける熱に包まれています。

節分行事の様子をじっくり眺めることができたし、たき火で寒さも少し和らぎました。ここで今回の取材は終了、大にぎわいの東長寺を後にしました。

撮影日:2017年2月3日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
やはり
祭と言うからには、来場者が来てくれないと、ですよね。


くまモン、やはり多忙を極めてるんでしょうね。今回は残念でしたが、次に期待です。


彼が豆まきをやるとなれば、横綱級の盛り上がりを見せてくれる事でしょう…。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2017年02月14日(火) 00:14
焼きそばさん
> 祭と言うからには、来場者が来てくれないと、ですよね。

奉納日固定の山笠もそうですが、博多の行事は平日であろうとも人の入りが良いです。博多の行事は全国的に知られているものが多いですし、あそこは元々から祭り好きというのもありますからね。


> くまモン、やはり多忙を極めてるんでしょうね。今回は残念でしたが、次に期待です。

県外のマスコットにしてはよく福岡入りしています。そういえば、近畿や東京にも常備があって・・・いえ、なんでもないです(笑)


> 彼が豆まきをやるとなれば、横綱級の盛り上がりを見せてくれる事でしょう…。

追っかけの方も多いですし、盛り上がるでしょうね~
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年02月17日(金) 00:58
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):