久しぶりにJR和白駅を利用する機会がありました。西鉄の方は年に数回ほど利用しますが、JR香椎線の方は約20年ぶりと記憶しています。昔は姪浜駅で筑肥線から貝塚行きの地下鉄に乗り換えて、終点の貝塚で宮地岳線に、ついで和白駅で香椎線に乗り換えて、福岡市東区にある海ノ中道海浜公園に遊びに行ったものです。

西鉄に比べ、なかなか利用する機会がなかった和白駅は現在、どのような駅になっているのでしょうか。香椎まで行く列車を待つついでに、変化を探りたいと思います。


和白駅を含む香椎線の大半の駅は、少し前に無人化されています。和白駅の窓口にはシャッターが下ろされ、自動改札機は常時開きっぱなしになっていました。そんな和白駅には「猫に餌をやらないように」という旨の張り紙が掲示されています。

ほう、この駅には猫が住み着いているのでしょうか。しかし猫はどこにいるのかと思いながら改札を抜けると、案外あっさりと見つかりました。ホーム入口の木陰に黒猫が丸くなっていたのです(写真上)。近づいても起きる気配はなし、頭をこねくり回しても無反応。


香椎線の本数は多く、さすがは福岡都市圏といったところです。少し待てば列車がやってきます。単線非電化のローカル線だからと侮ってはいけません。香椎線は西鉄貝塚線とともに、福岡を代表する「都会のローカル線」として君臨しているのです。

さて、ホームで日向にあたって時間を潰していると、やがて西戸崎行の列車がやってきました。車両はキハ47形の2両編成で、西戸崎側は「アクアライナー」色、宇美側は九州色(写真上)。


和白駅では西鉄・JRともに列車交換が頻繁に行われています。今回も例外ではなく、西戸崎行が到着した直後に、宇美行きの列車が近づいてきました。こちらは前後ともに「アクアライナー」色のキハ47形でした。

しかしながら、いつになったらキハ40系列以外の列車が香椎線に入ってくるのでしょうか・・・次に導入されるのはもしかすると、蓄電池電車の819系かもしれませんね。その時が来るのはいったい、いつになることやら。


宇美行きの列車に乗り込んで、一路香椎を目指して和白を去ります。最後に車内から西戸崎行の列車を収めて、今回の和白駅での撮影を終了しました。さすがは非電化路線、架線がないので非常に撮影しやすかったです。

撮影日:2017年2月15日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
都会のローカル線
乗ってみたいですねえ。非電化区間、いすみ鉄道と真岡鐵道位しか経験ないので、ディーゼルに揺られる山間部以外の景色は違うんだろうなあ、と。


埼玉県に東武鉄道の熊谷線が通っていたらしいのですが、昭和五十年代に廃止となっちゃってますので…。


それにしても駅の猫、度胸が座っているのか、頭を撫でても無反応って、よっぽど眠かったんですかね。


それとも「どうせ餌くれないんだろ」的な感じで、愛想振り撒くのやめたか(笑)。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2017年02月22日(水) 10:08
焼きそばさん
> 乗ってみたいですねえ。非電化区間、いすみ鉄道と真岡鐵道位しか経験ないので、ディーゼルに揺られる山間部以外の景色は違うんだろうなあ、と。

たしかに、都心には非電化ローカル線ってないですよね。臨海部の貨物線なら非電化で存在しているでしょうけれども、あれは貨物列車の路線ですからね~・・・


> 埼玉県に東武鉄道の熊谷線が通っていたらしいのですが、昭和五十年代に廃止となっちゃってますので…。

妻沼駅跡にディーゼルカーが保存されている、あの路線ですね。大手私鉄でも珍しい非電化路線だったそうで、ぜひ乗ってみたかったです。


> それにしても駅の猫、度胸が座っているのか、頭を撫でても無反応って、よっぽど眠かったんですかね。
> それとも「どうせ餌くれないんだろ」的な感じで、愛想振り撒くのやめたか(笑)。

あそこがあの猫の定位置だったんでしょうかね~
駅が無人化してからは、あの猫が駅のヌシになったのかもしれません。まさか和白駅に猫がいることは知りませんでした。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年02月22日(水) 23:43
こんにちは

 コメントを頂戴しありがとうございます。

wraさんのご推察通り碑文から引用しました。

私は小学生の頃 間宮林蔵の生家に隣接する町に住んでおりまして2回ほど校外学習で生家を見学しました。
当時はもちろん樺太を探検した間宮林蔵と学習しました。
そのせいかずっと私の頭の中は樺太です。

ご指摘の通り 稚内や礼文島にある碑文や案内板にはサハリンと記されていますね。ガイドブックもサハリンが望める等表記してます。

以前 wraさんよりひとつ年下の息子と根室市の納沙布岬を訪問し つい歯舞群島をロシアとつぶやいたら烈火のごとく怒られた経緯があります。
「お母さん あれは日本の領土だよ」って・・・
それから デリケートな問題なので発言には慎重をきさなければいけないと感じ 碑文・案内板に忠実に記すようにしています。

wraさんのコメント全然気にしてませんからご心配なく。

むしろ 私の息子と考え方が似ていると感心しました。
オバ鉄 #- [ 編集 ]    2017年02月23日(木) 13:53
オバ鉄さん
オバ鉄様、お返事ありがとうございます。


> wraさんのご推察通り碑文から引用しました。

やはりそうでしたか。「サハリン」は稚内のみならず、網走をも飲み込もうとしているとは・・・
碑文を監修した役所や団体にとって、北方領土問題は四島だけの問題なのでしょうね。四島以外はロシアにくれてやるというスタンスなのでしょう。やはり地政学を知ることは極めて重要です。


> 私は小学生の頃 間宮林蔵の生家に隣接する町に住んでおりまして2回ほど校外学習で生家を見学しました。
> 当時はもちろん樺太を探検した間宮林蔵と学習しました。
> そのせいかずっと私の頭の中は樺太です。

そういえば、間宮の生地ではこの人物を使った町おこしが行われているようですね。先日、愛媛で「ゆるキャラ(R)グランプリ」を見に行った際、間宮をモチーフにしたマスコットに遭遇しましたよ~


> ご指摘の通り 稚内や礼文島にある碑文や案内板にはサハリンと記されていますね。ガイドブックもサハリンが望める等表記してます。

政府が領有権を主張する南千島"四島"に接する根室とは180度異なり、稚内は本当にひどい有様です。同じ北方領土でも、領有権を主張する地域と領有権放棄を宣言した地域とでは、こうも扱いが違うのかと(どちらも帰属未定地だというのに!)毎度違和感を感じています。侵略されて命からがら逃れてきた島民が多く上陸した場所だというのに、言い方は悪いですが「侵略者のお先棒を担ぐ」役所側のスタンスにはあきれ果てております。これだから、いつまでたっても"四島"のうち岩一塊すら戻ってこないのです。

また、"サハリン呼称問題"は樺太以外の地名、たとえば平成の大合併の創作地名や"タイペイ"にも言えると思います。地名を安易に抹殺するのは現代日本人共通の問題と言えましょう。


> それから デリケートな問題なので発言には慎重をきさなければいけないと感じ 碑文・案内板に忠実に記すようにしています。

たしかに政治問題を回避するうえでは、原典を忠実に写すのも一つの作戦かもしれません。下手に首を突っ込むとコメント欄が荒れる可能性もありますからね。紀行文を執筆する中で突如として、書きたくもない政治問題にぶち当たった時はその都度苦労させられるものです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年02月23日(木) 23:14
オバ鉄さん
オバ鉄様、お返事ありがとうございます。


> wraさんのご推察通り碑文から引用しました。

やはりそうでしたか。北方領土運動が下火になりつつある近頃、どうしても"サハリン"という言葉に敏感になってきているので、つい気になりコメントを御寄せしました。既にお察しかとは思いますが、私は南樺太・千島全島ひっくるめて北方領土と見なしております。

それはともかく、普段政治的な話題を扱わないブログであっても、ふと政治的な内容に触れてしまうことがあると思います。そうなると、場合によってはコメント欄が荒れてしまう危険性があるでしょう。今回の引用はつまるところ、それを避けるための戦略、といった所なのでしょうか。

意図的にあの地名をお使いになっているわけではないと知り、少し安心しました。樺太という単語が何の違和感もなく使われてきたのは、おそらくオバ鉄様を含む、私の両親世代が最後なんでしょうね・・・


そういえば昨年11月、松山の「ゆるキャラ(R)グランプリ」会場で間宮の生誕地から、彼をモチーフにした動物のマスコットが来ていましたよ~
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年02月26日(日) 00:30
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):