朝鮮部落として名高い、大阪市生野区にある御幸通商店街―通称「コリアンタウン」には、朝鮮系住民による本場仕込みの朝鮮料理店が軒を連ねています。

前回(2016年夏)訪問時、中でもランチバイキングを供する「豊年」に目が行きましたが、あいにく昼食後ということでスルーしていました。あれから約半年がたち、ついに「豊年」を訪れることができました。今回は同店でどんな料理を堪能できるのか、簡単にお届けします。

美味しい焼肉付き!本場の味をバイキングで

鶴橋駅方面から御幸通商店街に入り、5分ほど歩くと「豊年」が左手に見えてきます。途中でトッポギやら海苔巻きやらを扱う店が軒を連ねていますが、ここはぐっと我慢しましょう。ここで道草を食っていては、店に入る段階で満腹になっているでしょうし。

「豊年」では店頭で軽食を、店内で本格的な食事を供しています。店頭で気さくなおばちゃんにランチバイキングにする旨を伝えると、次いで店内に通されます。簡単な仕切りをくぐると、手前にはテーブル席が数基、奥には惣菜の入った大皿がたくさん並んでいました。店内では既に、地元民と思しき客が2人ほど食事しています。

席につくと、やはり気さくなオッチャンからバイキング料理の仕組みを教えてもらい、食事の始まりです。オッチャン曰く、なんでも一人一皿分の焼肉がつくようで楽しみです。

DSCN2837.jpg
惣菜はキムチを中心に、朝鮮式海苔巻き(キンパブ)、チャプチェ、チヂミといった韓国料理が中心です。ポテトサラダのような辛くない惣菜もありますし、保温皿の中にはトッポギも入っていました。汁物は味噌汁とキムチチゲの二通り。さらに白飯にナムル・キムチを載せることで、野菜ビビンバも作れるようになっています。

キムチは種類が多く、白菜、大根、キュウリといった基本的な物はすべてそろっています。市販品として出回っているキムチは日本人向けの甘い味付けですが、やはりここでは本場の辛いキムチが供されています。とくに山芋のキムチは食感と辛さが面白い一品でした。

さて、惣菜をお皿に盛って席に戻ると、ほぼタイミングを同じくして焼肉がテーブルに置かれました。この焼肉は骨付きが中心で、たれに付け込んで焼き上げられた朝鮮式です。肉質は軟らかく、甘めのたれが白飯によく合います。

同店の料理は野菜系が中心ですが、焼肉とキムチチゲで肉料理を楽しむことができます。チゲの肉も骨つきで、やはりよく煮込まれて軟らかくなっていました。

総括

以上、「豊年」のバイキング料理についてまとめました。お値段は一人当たり税込みで1080円と、そこまで高くありません。近くには同じバイキング形式の「民俗村」がありますし、両店で食べ比べしてみるのも一興です。

撮影日:2017年3月13日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
大阪のコリアンタウンで美味しい韓国料理が堪能できて良かったですね!
鮮度がいいお肉なので通常では口にできない生の子宮とかも流通しているとと聞いたことがあります。
本場のキムチは唐辛子が日本と違い辛いだけでない美味しさがあるらしいですね。
こーたろー #- [ 編集 ]    2017年03月31日(金) 19:09
こーたろーさん
> 大阪のコリアンタウンで美味しい韓国料理が堪能できて良かったですね!

気になる店が非常に多く、今回も他の店に目移りしてしまいました(笑)
これなら朝鮮半島に行かずとも十分に満足できると思いました。


> 鮮度がいいお肉なので通常では口にできない生の子宮とかも流通しているとと聞いたことがあります。
> 本場のキムチは唐辛子が日本と違い辛いだけでない美味しさがあるらしいですね。

そういえば、豚の子宮を胎児ごと細かく叩いた"セキフェ"なる珍料理もあるみたいですが、さすがに虫を食べる私でもちょっと抵抗があります。一口に豚といっても、実にいろいろな場所を食べるんですよね。

朝鮮式のキムチはなんというか、深いコクがあるような気がするんです。あの味は市販品じゃ絶対にでないと思いますよ~
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年04月05日(水) 22:55
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):