台湾東海岸を鉄道で北上する途中、夕食をとるため花蓮に立ち寄りました。

およそ2年半ぶりに足を降ろした花蓮の駅前はずいぶんと変わっていました。駅前ロータリーでは何やら工事が進んでいるようで、駅舎の右隣でも大きなドーム天井が形成されています。東海岸の駅では数年前から駅舎の改良が行われていますが、工事の手はついに花蓮駅にも及んできたというわけです。

DSCN3279.jpg
そんな花蓮駅を出て、駅前ロータリーを少し進むと見えてきました・・・駅前食堂のあるエリアです。駅舎から向かって、ロータリーの右側を向かった先にあります。附近には土産物店や花蓮県のインフォメーションセンターがあるなど、観光客向けの施設も揃っています。

DSCN3282.jpg
行きついた場所には「大家扁食店」と「楊記扁食店」という2店舗の食堂があります。大家扁食店の方には以前入ったことがあるので、今回は楊記扁食店に入ってみましょう。

余談ですが、花蓮には「液香扁食店」という有名なワンタンスープの店があります。その影響を受けてか、花蓮市内にはワンタンスープの店が至る所にあります。今やワンタンスープ(扁食)は花蓮のご当地グルメになっているのです。

DSCN3280.jpgDSCN3281.jpg
こちらではワンタンスープの他にも、ご飯ものや麺類、スープ、惣菜など、台湾の大衆食堂ではおなじみのメンツも沢山そろっています。以前から「魯肉飯の食べ比べ」をひそかにやっている私は、迷わず魯肉飯と蛋花湯を注文しました。魯肉飯は説明するまでもありませんが、一緒に注文した蛋花湯はいわば「かきたまスープ」といったところです。

品ぞろえは大家扁食店によく似ていますね。

DSCN3284.jpg
注文から数分後、お待ちかねの魯肉飯と蛋花湯が到着しました。まずは魯肉飯の方からいただきます。豚肉はあっさり気味で、八角もそれほど強く主張していませんね。さらに食べ進めると、付け合わせにキャベツの酢漬けが入っていることに気付きました。おかげでギトギト感は全く感じられません。

蛋花湯もやはりサッパリとしています。というかそもそも、台湾のスープ類というのは味付けが薄い傾向にあります。もし脂ぎった魯肉飯に出くわした場合は、サッパリスープが良い口直しになります。具材は卵の他、ねぎ・レタスが入っていました。

今回いただいた魯肉飯は20元、蛋花湯は30元、合計50元で収まりました。日本円に直すと約180円といったところです(2017年4月現在)。

所在地:花蓮市国連1路138-3
撮影日:2017年4月2日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
海外の味はあまり知らないので
あっさりしている味だと知りませんでした。
小中高生時代に読んだ鉄道ジャーナルの旅行記事の記憶で中華系エリアの食事は油ぎっていると思い込んでいました。
実際は違うんですね。
こーたろー #- [ 編集 ]    2017年04月10日(月) 20:26
こーたろーさん
> 海外の味はあまり知らないので
> あっさりしている味だと知りませんでした。

魯肉飯の味は店によって違うことを最近、よく感じさせられています。味だけでなく、豚肉の加工の仕方・使用部位などなど、店ごとに個性があって面白い料理の一つです。


> 小中高生時代に読んだ鉄道ジャーナルの旅行記事の記憶で中華系エリアの食事は油ぎっていると思い込んでいました。
> 実際は違うんですね。

台湾は和食の影響を受けているので、あっさりとした料理を目にすることがあります。もしくは、食材や調理の仕方が良いということなのでしょう。中国北京に旅行に行ったという友人の話によると、やたら脂ぎって味はないという、凄まじいチャーハンを食べたことがあるとのことです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年04月11日(火) 23:10
こんばんは
wraさんのブログで魯肉飯は欠かせないもののひとつである、と言っていいんでしょうね。


魯肉飯、店の数だけ味があるんでしょうね。日本の牛丼チェーンでもやってくれないかなぁ(笑)。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2017年04月12日(水) 00:07
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):