ついにJR九州最初の近郊型にあたる811系が大規模な車体更新を受け、1500番台という新しいグループが発生しました。VVVF・ロングシート化されたことで、これまでとは大幅に仕様が異なっています。今後数年かけて811系全体に更新が及んでいくものと思われます。

811系の更新車が話題になっている中、博多駅で783系「みどり・ハウステンボス」を、福間駅で811系0番台の姿を収めましたのでお届けします。

DSCN3709.jpg
▲783系CM15編成特急「みどり」

DSCN3707.jpg
▲783系「みどり・ハウステンボス」の連結面を眺めて

DSCN3708.jpg
▲783系CM23編成特急「ハウステンボス」
リニューアルの波は783系「ハウステンボス」にも及んでおり、オレンジ色を基調とした新塗装に変更されつつあります。民営化直後の昭和63年に誕生して以来、これで3度目の塗装変更ということになります。

塗装変更はともかく、個人的にはオリジナルの「ハイパー○○色」をまた目にしたいものです。

DSCN3711.jpg
場所は変わって福間駅にやってきました。ここで折り返しを待つ811系P14編成の姿をひとつ収めます。このように、機会があれば積極的に811系の未更新車量を記録に収めていきたいと考えております。

811系を記録に収めていると、やがて博多方面から福間まで快速(福間以東各駅停車)の813系が近づいてきました。福間折り返しの電車が同駅に到着すると、それから5分もしないうちに後続の列車が入ってくるのです。この福間以東で各駅に停車する快速は、いわば福間~小倉駅間の普通列車を補完する存在となっています。

撮影日:2017年5月6日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):