6月中旬から梅雨入りした九州では、雲が空を覆い天気の悪い日が続いています。そんな曇りの日のこと、私はJR黒崎駅のホームに立っていました。

DSCN3904.jpg
▲黒崎駅を出発する811系P11編成と出発を待つEH500牽引貨物列車
P11編成は元々「スペースワールド号」という、特別ラッピング列車として使用されていました。通常塗装になったのちも当別仕様の座席・化粧板はそのまま残されており、811系屈指の異端児として知られています。

DSCN3906.jpg
黒崎駅でしばらく列車を見送っていると、やがて折尾方面からEF81形300番台、通称「銀釜」牽引の貨物列車が近づいてきました。先頭に立つのは303号機。どうりで沢山のレイルファンが、近くの駅ホーム上で待機していたわけです。

「銀釜」が通過する一方で、八幡駅方面からは883系特急「ソニック」もやってきました。黒崎駅はしばし賑やかになります。

DSCN3907.jpg
▲出発を待つEH500牽引貨物

DSCN3909.jpg
さらに八幡駅方面からはEF81-453牽引の貨物列車もやってきました。

DSCN3911.jpg
ホームから見上げるとそこには黒崎井筒屋の古い建物がそびえています。このデパートも建築から数十年がたち、老朽化の進行日に日に感じます。それでも黒崎駅前のランドマークとして、今日も元気に聳えています。

撮影日:2017年6月25日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
EF81、九州ではまだ活発なんですね。
東のほうでは引退(?)したのか、見られないのです・・・
とはいえ、EH500も進出しているんですね。

北九州の複々線、かなり貨物輸送で賑わっていますよね。
貨物線にもホームがあるのは、筑豊本線直通列車用でしょうか?(陣原が無く、折尾は鷹見口のほうを通る短絡線に繋がるほうですよね?)

黒崎というと、北九州の副都心、八幡の副都心だと思っていましたが、結構古い街なんですね・・・


(今年も山笠の記事に期待しております。 ご当地キャラクターたる「くまモン」も登場しますね。)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0415347.html
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2017年06月29日(木) 04:32
レラティーさん
> EF81、九州ではまだ活発なんですね。
> 東のほうでは引退(?)したのか、見られないのです・・・
> とはいえ、EH500も進出しているんですね。

EF510の貨物用化が大転機になったようですね。九州の方でもEH500の投入でずいぶんと数を減らしていますが、千早以南の貨物では81を含む国鉄機が元気に活躍中です。


> 北九州の複々線、かなり貨物輸送で賑わっていますよね。
> 貨物線にもホームがあるのは、筑豊本線直通列車用でしょうか?(陣原が無く、折尾は鷹見口のほうを通る短絡線に繋がるほうですよね?)

仰る通りです。基本的には短絡線方面からの折り返し列車が発着しています。


> 黒崎というと、北九州の副都心、八幡の副都心だと思っていましたが、結構古い街なんですね・・・

宿場町時代から今に至るまで北九州市西部の中心地として栄えていますが、やはり人口減少の影響か寂しさを感じざるを得ません。イベントは結構やってるんですけれどね。


> (今年も山笠の記事に期待しております。 ご当地キャラクターたる「くまモン」も登場しますね。)
> http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0415347.html

運よく千代流のお披露目式典に立ち会うことができました。記事中の写真撮影位置から10メートル離れた場所に私もいました(笑)
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年07月01日(土) 21:57
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):