今回お届けするJR城野駅は福岡県北九州市の南部・小倉南区にあります。ちょうど九州東の大動脈・日豊本線から日田彦山線が分岐する場所にあるジャンクション駅で、田川後藤寺方面からのディーゼルカーが乗り入れています。

なお、北九州モノレールにも同名の駅が存在しますが、両駅は500メートル以上離れており乗換駅とは言い難い位置関係にあります。実際に両駅間を移動してみましたが、およそ10分もかかりました。

DSCN3895.jpg
▲城野駅を正面から眺めて
近年の建て替えにより都市部ではメジャーな橋上駅舎に生まれ変わっています。また、外装は落ち着いた色合いに統一されています。

DSCN3893.jpg
城野駅の北側には長いペデストリアンデッキが整備されています。通路の片側には屋根が架けられているので、これなら雨天時でも傘を差さずに移動することができますね。

DSCN3896.jpg
改札口・待合室は橋上にあり、自由通路によって線路を挟んで南北間が結びつけられています。

さて、改札前に来たところで城野駅の特徴を一つ見つけました。木材が多くあしらわれているのです。近年のJR九州ではこのように、木材を多く使用した駅舎が続々と誕生しています。高架駅になった上熊本の「ウッドデッキ」ぶりには驚いたものですが、こちらも負けてはいませんね。

DSCN3897.jpg
城野駅構内は日田彦山線が分岐するため広く、3面5線の配置になっています。うち一番南側の乗り場は日田彦山線用で、架線はなく非電化です。

構内を写真に収めようとしたところ、おりしも日田彦山線のキハ40系が到着しました(写真上)。

撮影日:2017年6月25日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
城野、乗換したことはありますが(2001年時点では城野折り返しの列車が結構ありました)、構外に出たことはなく、竹(?)を多用した駅舎には驚いています。

歩行者通路は、モノレール駅と繋ぐのでしょうか?
上熊本も、どんな駅になったか、木になっています。

日田彦山線、政令指定都市を通るというのに、キハ40系列(キハ47)の2両で、驚きました。
乗車した日は、夏祭りか何かで、石田?から大量に乗車してきて驚きました。
とはいえ、2両で間に合う程度でした。

レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2017年07月04日(火) 00:46
レラティーさん
> 城野、乗換したことはありますが(2001年時点では城野折り返しの列車が結構ありました)、構外に出たことはなく、竹(?)を多用した駅舎には驚いています。

城野折り返し便の存在は懐かしいですね。あの頃はまだ駅舎改築前なので、当時は今よりも地味な駅舎だったんじゃないかと思います。


> 歩行者通路は、モノレール駅と繋ぐのでしょうか?
> 上熊本も、どんな駅になったか、木になっています。

いやぁ~さすがにそれはないと思います。なにせ相当離れていますよ両駅間。さすがにモノレールから乗り換えする人はいないでしょうね~


> 日田彦山線、政令指定都市を通るというのに、キハ40系列(キハ47)の2両で、驚きました。
> 乗車した日は、夏祭りか何かで、石田?から大量に乗車してきて驚きました。
> とはいえ、2両で間に合う程度でした。

福岡都市圏は町の近くにローカルな路線や風景があったりするのが面白い所だと思います。地下鉄電車が単線区間を通るなんて、福岡ぐらいですからね~
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年07月06日(木) 23:09
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):