7月15日4時59分。この時刻が何を意味するか、博多っ子であればだれもが知っているでしょう。この時間こそまさに、博多祇園山笠のクライマックス「追山」の開始時刻なのです。

追山の日だけはどんなに早い朝でも、博多の町が多くの人で賑わいごった返します。追山に注目を集めるのは博多っ子や観光客だけではありません。テレビ局だって追山のために生中継で特番を組むほど、山笠報道にはとにかく力を入れています。

今回は追山前日の櫛田神社に出向き、本番に備えてどれ程準備が進んでいるのか見てみましょう。

DSCN4081.jpg
櫛田神社にやってくると、もう既に見物人や報道関係者で賑わっています。ちょうど男衆や舁き山が綺麗に見渡せるところでは、テレビ局がやぐらを造って撮影・音響機器の取り付け準備を行っています。ここから発信された内容が、リアルタイムでお茶の間に届くというわけです。

DSCN4082.jpg
同じやぐらでも、写真上は太鼓の打ち手が待機するやぐらを写したものです。櫛田入りの際には男衆の掛け声だけでなく、太鼓の音や観客の拍手も鳴り響きます。

DSCN4083.jpg
清道のど真ん中に入ると、赤い清道旗が高々と聳え風になびいています。あと12時間もすれば、今立っている場所で山笠奉納の儀式・祝い唄斉唱が行われると思うと感慨深いものです。

DSCN4084.jpg
14日の流舁きでも、いくつかの流で櫛田入りの練習が行われます。追山・追山ならしでは有料制の桟敷席も、今回は無料で立ち入ることができ、櫛田入り練習を間近で見物することが可能です。今回は仕事の都合上、櫛田入り練習の見物は見送りました。

DSCN4088.jpg
櫛田神社を出て東長寺前に向かいます。ここでもテレビ局が翌朝に備え、丹念に撮影準備を行っています。こちらも12時間すれば多くの人でごった返すことでしょう。

夕陽に輝く東長寺の門を背に、翌朝の追山に備えて賑わう博多区ど真ん中を後にしました。

撮影日:2017年7月14日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
こんばんは

wraさんの記事に触発されて、私も行ってきましたよ、追い山!!
久しぶりに見ましたけど、やっぱりイイですね、博多祇園山笠!!
同じ祇園祭りでも、京都のヤツとは大違いですねえ。

眠いけど、頑張ってアップしますので、よろしかったらご覧くださいませ(^.^)
オトーサン #- [ 編集 ]    2017年07月15日(土) 20:06
オトーサンさん
オトーサン様、こんばんは。wraです。


> wraさんの記事に触発されて、私も行ってきましたよ、追い山!!

こうして書いてきたブログ記事が動機づけになっているのを知ると、やりがいを感じるってもんです。いつもありがとうございます。


> 久しぶりに見ましたけど、やっぱりイイですね、博多祇園山笠!!
> 同じ祇園祭りでも、京都のヤツとは大違いですねえ。

京都の祇園祭は見たことがありませんが、ぱっと見だと雰囲気が異なりますよね。それぞれに味があってよいと思います。


> 眠いけど、頑張ってアップしますので、よろしかったらご覧くださいませ(^.^)

期待しております。それでは、ご無理なさらぬようお気をけください。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年07月16日(日) 00:34
こんばんは
博多っ子の魂を揺さぶる時間、て訳ですね。好天に恵まれ何よりです。


この記事に相応しいコメントかどうかは分かりませんが、先の災害で自粛ムードとかにならずに良かったのかもしれません。


東日本大震災の被災者の方の意見では、娯楽が欲しかった、って事でしたから。外から元気付けるのも大切なのかな、と。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2017年07月16日(日) 00:38
焼きそばさん
> 博多っ子の魂を揺さぶる時間、て訳ですね。好天に恵まれ何よりです。

山笠も結構天気の悪い日があったりしますからね。心配でしたが良い天気で暑いながらも良かったと思います。


> この記事に相応しいコメントかどうかは分かりませんが、先の災害で自粛ムードとかにならずに良かったのかもしれません。

たしかにああいう災害が起こると、何事も自粛続きになるのは問題だと思います。多くの方が「仕方ないのでは?」と思考停止しがちな問題にあたりますが、被災地を元気にするという想いを込めて大声を上げるのも一つの手段だと思っています。


> 東日本大震災の被災者の方の意見では、娯楽が欲しかった、って事でしたから。外から元気付けるのも大切なのかな、と。

あの時は九州にいながらもう本当にしんどかったです。ブログでも自粛が蔓延して同じような記事が氾濫する状況でしたから、その中でいかにして通常通りの記事を投稿していこうか、試行錯誤しながら考え続けていたものです。

その結果として、2011年春は離島訪問・ご当地キャラ関連の記事ばかりになってしまいましたが(笑)
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年07月16日(日) 13:28
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):