博多祇園山笠のクライマックス「追山」から一夜明けた16日、宗像市田熊・東郷地区で田熊祇園山笠が執り行われました。昨年と同じように「いせきんぐ宗像」を拠点に、田熊、東郷地区、宗像市役所を順にめぐり、もとのいせきんぐ宗像に戻るルートで巡行しました。

DSCN4104.jpg
▲山笠巡行中の「いせきんぐ宗像」山小屋
山小屋のある「いせきんぐ宗像」に到着すると、山笠は既に巡行中なので山小屋はカラッポ。主不在の山小屋を一度見てから、舁き山を探して旧3号線を東に進んでいきます。

DSCN4105.jpg
山小屋から旧3号線を東郷駅方面に進み、西祗園橋にやってきました。

DSCN4106.jpg
西祗園橋は一応「橋」とは言いますが、実際には暗渠に限りなく近いのです(写真上)。山はちょうど、この近くで一旦停止していました。

DSCN4109.jpg
西祗園橋を通過した山は居酒屋の前で一旦停止。ここで店への慰問を行います。旧3号線はたいへん交通量が多い道路なので、このように山を適度に止めながら、車を通していきます。

DSCN4114.jpg
続いては摩利支神社で一旦停止です。

DSCN4115.jpg
▲次世代に残したい日本の心

DSCN4120.jpg
山が出発して1時間経ったでしょうか、宗像市役所の清道に到着しました。ここで副市長からありがたいお言葉を受け、恒例のスイカが振る舞われます。

DSCN4123.jpg
▲宗像市役所清道

DSCN4130.jpg
宗像市役所前から再び旧3号線に出た舁き山は、山小屋目指して一直線に進んでいきます。宗像高校前のセブンイレブンを起点に、山小屋のある「いせきんぐ宗像」までの数百メートルを全力で舁いていきます。この区間では所謂タイムトライアルが行われ、毎年時間が計測・記録されています。

男衆は全力で山を舁き、後ろでは「宗像サニックスブルース」のラガーマンが自慢の筋力でサポートに入ります。

DSCN4133.jpg
全力で駆け巡った山は「いせきんぐ宗像」の山小屋に戻ってきました。最後は手一本で幕を閉じます。

DSCN4135.jpg
▲田熊山笠終了直後の「いせきんぐ宗像」

DSCN4137.jpg
▲田熊山笠表標題「風雲桶狭間」

DSCN4136.jpg
▲田熊山笠見送り標題「猛将義弘」
薩摩の名将島津義弘をモチーフにしています。

DSCN4138.jpg
山小屋の頭上を見上げると、飛行機雲が2筋伸びていました。

撮影日:2017年7月16日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
田熊祇園山笠とは!

山笠は、博多区のだけだと思っていましたが、各地で行われているのでしょうか?


(二二八事件について、ご教示ありがとうございました。それの関連で(?)敷かれていた戒厳令、今も影を落としているという記事を見ましたが、どういう影響が残っているのですか?)
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/international/international/1-0421389.html
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2017年07月19日(水) 01:00
レラティーさん
> 田熊祇園山笠とは!
>
> 山笠は、博多区のだけだと思っていましたが、各地で行われているのでしょうか?

北海道の芦別には博多祇園山笠をベースにした芦別健夏山笠がありますよ。博多祝い唄も歌いますし、流の制度もそのままで興味深い存在だと思います。


> (二二八事件について、ご教示ありがとうございました。それの関連で(?)敷かれていた戒厳令、今も影を落としているという記事を見ましたが、どういう影響が残っているのですか?)

高齢者を中心に、台湾人の中には中国系住民に対して複雑な感情を持っている方が依然として多いです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年07月20日(木) 00:16
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):