博多祇園山笠といえば、その名物の一つに「飾り山」があります。飾り山は6月後半から展示が始まり、山笠のクライマックス「追い山」が執り行われる7月15日零時までの半月近く、博多の至る所で見ることができます。

期間限定の存在といえる飾り山ですが、一方で通年展示されているものも少数ながら存在します。その一つが、今回お届けする櫛田神社境内の飾り山です。表標題は「素神宝剣之奇瑞」、見送り標題は「威風長政決戦功」。

表標題「素神宝剣之奇瑞」

DSCN3976.jpg
日本神話の中でもとくに有名な、素戔嗚命による八岐大蛇退治の様子が人形で再現されています。この退治のあと素戔嗚が手に入れた草薙の剣は、三種の神器の一つと伝承されています。

見送り標題「威風長政決戦功」

DSCN3977.jpg
天下分け目の関ケ原の合戦において、東軍の一員として戦功をあげた黒田長政の活躍が再現されています。

撮影日:2017年7月5日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):