(目次)
2000円で満喫しつくそう 平成筑豊鉄道で日帰り夏旅 (1)
2000円で満喫しつくそう 平成筑豊鉄道で日帰り夏旅 (2)
2000円で満喫しつくそう 平成筑豊鉄道で日帰り夏旅 (3)



DSCN4206.jpg
直方から平成筑豊鉄道を乗り継いで、直方から行橋へとやってきました。行橋では特にすることがないので、直方から乗ってきた列車ですぐに折り返します。20分近くある折返し時間を利用して、駅1階にあるコンビニでペットボトルのお茶を購入後、日豊本線の特急「ソニック」の動画を2本、ついでに収録しました。

これから訪れる崎山駅は山間の小集落にあり、しかも1時間の滞在を予定しています。駅周辺に売店類がない事を想定して、かつ炎天下の中で十分な水分を補えるよう、少々大きなペットボトルのお茶を購入しました。備えあれば憂いなし。

DSCN4207.jpg
▲行橋駅を出た列車は日豊本線から分かれ、高架を降りて田川線を進む
写真上、中央付近にちょこんと見える白い物体はトキワススキです。とくに行橋~崎山駅間の沿線には、トキワススキがよく生えています。

DSCN4208.jpg
▲有効長の長い豊津駅に到着
豊津駅は名前こそ町名(豊津町)を冠していますが、豊津町にはありませんでした。なお、豊津町は平成の大合併により"みやこ町"の一部になっています。豊津駅のように「駅名の自治体と駅所在地が合致しない」ケースは、過去に西鉄柳川駅(福岡県旧三橋町)やJR小城駅(佐賀県旧三日月町)でもみられました。

DSC07624.jpg
さて、続いての目的地・崎山駅にやってきました。下馬評の通り、駅舎はたいへん老朽化が進んでおり、中にはガラスや屋根瓦が崩れている個所もあります。

DSCN4213.jpg
次の列車が来るまでの1時間、駅周辺を散策して時間を潰します。線路で分断された神社参道や、木橋が残る今川の河川敷を順にめぐり、まだ時間があるので崎山駅の様子をじっくりと記録に収めました。

DSC07631.jpg
▲第二石坂トンネル
崎山駅から再び列車に乗り、九州最古のトンネル「第二石坂トンネル」を抜けて一駅先の源じいの森を目指します。そのまま直方に帰らず、わざわざ源じいの森に立ち寄った理由は、「ちくまるきっぷ」の長所を存分に活用するためです。

この「ちくまるきっぷ」には「源じいの森温泉」の無料入浴券も付いています。こちらの入浴料は大人600円で、それがなんと1000円のフリーきっぷに組み込まれているのです。これはぜひとも、利用しないわけにはいかないでしょう。

DSC07632.jpg
▲源じいの森
なお、写真上の施設は温泉施設ではありません。温泉は駅を出ていったん線路をまたぎ、すぐ右側に入って一番奥まで進むとあります。

DSC07633.jpg
温泉で汗を流し、そのまま滞在すること1時間。外に出ると空は若干暗くなっていました。まだ蒸し暑いですが、日差しが弱まるだけでも随分と体感温度は変わってきます。

DSC07634.jpg
▲夕暮れ時の源じいの森
源じいの森駅から直方行きに乗り込み、田川伊田までやってくると急に車内が混みだしました。これから直方で始まる花火大会を見るため、若者が次々に乗り込んできたのです。金田で前に1両増結されるも、混雑はさらに激しくなるばかり。源じいの森駅を出た頃はガラ空きだった車内も、金田まで来るとすっかり宴会場のようです。

DSC07635.jpg
源じいの森を出て1時間、ついに直方駅へと戻ってきました。伊田線も随分と混雑していますが、JRの方も決して負けてはいません。改札口付近は若者でごった返し、コンコースでは臨時の切符売り場が設けられています。

大混乱の改札口を抜けてJR線ホームに入ると、翌朝に直方発下関行きとなる415系が留置されていました。電化から15年経ちますが、直方駅に佇む415系の姿には相変わらず新鮮味を覚えたままです。

直方からはガラ空きの819系で折尾を目指し、鹿児島本線に乗り継いでスタートの教育大前に戻ってくると、空は既に日没して真っ暗になっていました。一日とはなんとも速いものです。

総括

さて、これまで「ちくまるきっぷ」を活用して平成筑豊鉄道をめぐってきましたが、今回の乗車でかかった額はわずか2000円です(JR線運賃は除く)。正規の切符で移動した場合、おそらく4000円弱はかかるでしょうから、個人的にはかなりお得な切符だと思います。

撮影日:2017年7月30日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
二千円で一日乗車して温泉まで入れるとはお得な切符ですね!
こういう日帰りの旅もいいですね。
こーたろー #- [ 編集 ]    2017年08月08日(火) 18:28
フリー切符
乗車する料金だけでなく、なにかオプションが無いと集客出来ないのかな?って考えると、鉄道会社も大変なのかな、とか思ってしまいますね。


ところで、wraさんところは、台風の被害はありませんでしたか?
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2017年08月08日(火) 22:49
焼きそばさん
> 乗車する料金だけでなく、なにかオプションが無いと集客出来ないのかな?って考えると、鉄道会社も大変なのかな、とか思ってしまいますね。

とくに地方鉄道はたいへんな所が多いなと思うこの頃です。JRばかり乗っていると気付かないことが沢山見つかりました。


> ところで、wraさんところは、台風の被害はありませんでしたか?

南の方に行ってしまったので、福岡県内はまったく大丈夫です。土砂災害で大変な朝倉は、もう本当にギリギリ間一髪のところで雨雲がかかりませんでした。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年08月10日(木) 23:03
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):