福岡県宗像市東部、田久地区にある若八幡宮にやってきました。

この神社が鎮座している田久地区は、JR赤間駅の南側に広がっており、福岡のベッドタウンとして大規模な開発を受けました。戦前はのどかな農村地帯だったようですが、今では新興住宅地と一体化しています。

若八幡宮はそんな田久地区の鎮守として、昔から同地区を見守り続けています。どんな神社なのか、さっそく境内を見て回りましょう。

DSCN6128.jpg
若八幡宮の鳥居は一基のみ。田久公民館付近に参道入口があって、参道は桜並木道になっています。春になると桜が美しく、夏になると見事な木陰道になります。

参道を覆う木陰が涼しそうですね。

DSCN6130.jpg
鳥居柱には陸軍少将伊豆凡夫の名が刻まれています。そういえば、宗像市初の女性市長に就任した方が伊豆さんでしたね。

DSCN6129.jpg
数十メートルの参道を抜けると、目の前に社殿が見えてきました。社殿一体は比較的コンパクトにまとまっています。晴れた日は陽がよく当たり、水はけが良さそうです。

DSCN6127.jpg
神社前に住居表示街区案内図を見つけたので、最後にご紹介します。

この地図は宗像市内の各所にあって、番地(街区符号)や池・橋名が記されています。池・橋には小字名が付与されることが多く、地名を調査するうえで、この地図には毎度助けられています。

撮影日:2018年5月

あとがき

今回はYouTubeのお話です。

昨2017年に入ってから、当チャンネルでは怒涛の勢いで動画投稿を続けてきました。ほぼ毎日のペースで、1回あたり2~3本の動画を投稿しています。

6月に入った今、果たして何本の動画を送り出したか、ふと気になりました。そこでクリエイターツール(動画管理ページ)を開いて、動画本数を調べてみると・・・

総動画アップロード数:1830本
2018年1月1日からの総動画アップロード数:298本


ということが分かりました。これだけの期間に、これだけの本数を投稿したのは初めてです。我ながら、ようやったわと思います。

このペースだと、目標としていた2018年中の総アップロード数2000本超えは達成できそうです。

東京オリンピックが開催される2020年の夏頃、果たして当チャンネルは一体どうなっているのでしょうか。過剰な期待は禁物としても
(まあアボセンスされてますからねぇ)、まぁ上手くやってるだろうと信じています。


関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):