宮崎県高千穂町にある景勝地「高千穂峡」の名物といえば、なんといっても貸しボートでしょう。渓谷の涼しい空気を間近に感じることができ、暑い夏場には国内外を問わず、多くの来訪者でにぎわうそうです。

今回は貸しボートに乗り込み、五ヶ瀬川の渓谷美を思う存分に楽しんでみました。1隻30分利用で料金は2000円。

DSCN6865.jpg
駐車場から通路を歩いて、五ヶ瀬川の河原に降りていきます。この時点でも随分と涼しいです。とくに今回は天気が悪く、今にも雨が降りそうな状態でした。雨が降らなければ良いですが。

DSCN6867.jpg
ボート乗り場に到着しました。チケット自体は駐車場横にあるチケット売り場で買い求め、ボート乗り場で回収されます。整理券を受け取り、番号が呼ばれるまで待つことに。

DSCN6868.jpg
待つこと10分、整理券の番号が呼ばれたので乗り場に向かい、ライフジャケットを着用して船に乗り込みます。

いわゆる手漕ぎ船なので、オールを器用に操って船を動かしていきます。最初のうちは思ったように進むことができず、手こずりましたが徐々に慣れてきました。それでは早速、遊覧区域の奥まで行ってみましょう。

DSCN6872.jpg
こちらには餌目当てか、カモが沢山集まっています。進んでいるうちに、カモが一羽近づいてきましたよ。船で近寄っても逃げる気配なく、とにかくマイペースです。人に慣れきっていますね。

DSCN6873.jpg
雨模様ながら貸しボートの利用者は多く、渓谷に談笑がこだまします。

DSCN6875.jpg
高千穂峡もう一つの名物「真名井の滝」が見えてきました。もっと進めば滝つぼの間近まで行くことができますが、濡れるわけにはいかないので、今回は飛沫がかからない程度にまで近寄りました。

DSCN6880.jpg
さて、「真名井の滝」の冷気を思う存分に浴びたところで、ボート乗り場の方に向け折り返します。乗り場の対岸にも岸壁があったので、近づいてみました。今でも管理で使われたりするんでしょうかね。

DSCN6881.jpg
件の岸壁の横には、庭ほどの空間に小さな滝が流れていました。この風景、そっくり庭に移植したいほどの美しさです。

DSCN6883.jpg
30分の遊覧はあっという間に終わり、名残惜しいですがボートから陸に上がります。駐車場に戻る道中、流水の音がするので向かうと、そこには二段構成の滝がありました。水の流れは糸のように細く、絹糸が垂れているような美しさがあります。

高千穂峡に行くと、そこには迫力満点の渓谷美とレジャー体験がありました。高千穂を訪れたら、一度は立ち寄っておきたい場所ですね。

撮影日:2018年9月
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
私も25年ほど前に高千穂狭に行って、手漕ぎボートに乗りました(^^)

画像を拝見させてもらい、懐かしい風景が思い出されました(^^)

今も変わらぬ美しい風景に感動です(^^)

いつまでも、この大自然を守っていきたいものですね
とっつぁん #- [ 編集 ]    2018年09月30日(日) 18:13
とっつぁん様
> 私も25年ほど前に高千穂狭に行って、手漕ぎボートに乗りました(^^)
> 画像を拝見させてもらい、懐かしい風景が思い出されました(^^)
> 今も変わらぬ美しい風景に感動です(^^)

自然風景ですから、当時から全く変わっていないんでしょうねぇ。
近辺には昭和臭のする土産物屋も結構建っていましたよ。


> いつまでも、この大自然を守っていきたいものですね

まさにその通りです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2018年10月04日(木) 13:26
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):