今日は何となく貝塚線に立ち寄ってみました。
冬が近いということもあり日が暮れるのは早く、やったことといえば、駅で電車を見送ったことくらいです。

貝塚駅で西鉄600形を見送る
手前に停車するのは604編成で、奥にも600形がもう一編成停車しています。宮地岳線時代の貝塚駅ホームは、2編成そろって停車していることが多かったです。
貝塚線になってからはあまり見なくなりましたが、今でも朝や夕方だけ見ることができます。



上の動画は、宮地岳線時代に撮影したものです。もちろん、乗車した608編成はまだ3連でした。
千早駅はまだ開業しておらず、名香野駅を通るルートで、自動放送のチャイムは2打点式でした。それにアナウンスは男性の声でしたし、最後はおなじみの、『心の旅』が流れます。

今では心の旅が流れなくなり、貝塚駅到着時に流れるのは先ほどの2打点式です。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
1. 無題
宮地岳線時代の600形の3両編成私も好きでした。
ニューアツ #79D/WHSg [ 編集 ]    2010年11月11日(木) 22:54
2. こんばんは
>ニューアツさん
3両編成といえば、中間車がバス窓の306・307編成もありましたね~
Tsurayuki100sei #79D/WHSg [ 編集 ]    2010年11月11日(木) 23:49
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):