四国一の大都市にして、伊予の中心地として古くから栄えた松山。今回は道後温泉に入るため、はるばる福岡から高速道路を通って訪れました。


▲西瀬戸道(しまなみ海道)来島海峡SAにて
今治はタオルと「バリィさん」で有名な場所ですが、残念ながら今回はスル―しました。

松山到着後はリフトを使って松山城をめぐり、天守閣からは松山市街地を一望しました。松山城は日本三大平山城のひとつに数えられています。


▲リフト乗り場
松山市中心部はドラマ「坂の上の雲」一色でした。


▲松山城大天守
松山の大天守は戦後復元されたものではなく、オリジナルの姿を残しています。


▲松山城大天守から見た松山市街地
松山城を見た後は、早速本日の宿へと向かうことにしましょう。目指すは四国を代表する温泉地、道後温泉です。


かの有名な道後温泉本館にやってきました。
明治のロマンがぎっしりと詰まっています。雲ひとつない空の下、威風堂々たる姿を撮ることができ満足です。

夜の道後温泉本館も見に行ってみることにしました。




金具類なども美しいですが、すだれが趣深さをさらに引き立てていますね。


最後に道後温泉駅前のからくり時計を見てから、旅館へと戻りました。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):