今回お届けする「京都タワー」は、京都駅前にそびえたつ同市のランドマークです。白い柱と丸みを帯びた展望室部分はインパクト強く、覚えやすい格好をしています。


今回は外部の姿だけでなく、実際に上がってみて、展望台から見た京都市街地の風景も記録に収めてみます。入場料は大人770円、高校生620円、小中学生は520円。

チケットを購入してエレベーターに乗ると、あっという間に展望室です。入場前の時点で、雨模様の曇り空という有様。今にも雨が降りそうな様子に、不安な気持ちで展望台の窓を覗くと・・・

雨降る京都を展望台から・・・


ついに雨が降り出していました。晴れた日はきっと、碁盤の目状の市街地を一望できることでしょう。テレビ番組でもそうですが、こういう時に限って曇り・雨になるものです。

それはともかく、展望台からは京都を代表する名所が多数見えます。


ブレてしまいましたが、清水寺の「舞台」もご覧の通り。舞台の上や境内を散策する観光客の姿も見えます。あいにくの雨に、せっかく京都観光に来られた方は、さぞかし残念がったことでしょう。私もその一人です。

天然系マスコット「たわわちゃん」


京都タワーのマスコットキャラクター「たわわちゃん」が、展望台へグリーティングに来ていました。夏休み期間中はほぼ毎日、展望台に登場しています。

個人的に、今回はこれ見たさに登ったといっても過言ではありません。ぽかーんと開けた口が可愛らしいです。

tawawa_exit_2010
京都の絶景を満喫したら、エレベーターで地上に戻って観光に出向くもよし、食事するもよし。京都に滞在する場合、行動の選択肢が豊富でじつに面白いです。


上の動画は2011年に撮影した、「たわわちゃん」グリーティングの様子です。賑やかな展望台の雰囲気を音付きでお楽しみください。

撮影日:2010年8月9日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):