大分県竹田市直入町にある、長湯温泉までやってまいりました。共同浴場「長生湯」で汗を流してから、町を歩くことにしましょう。


「ラムネ温泉」の名で有名な長湯は郷愁あふれる温泉街でした。
たしか猫ちゃんも数匹・・・


▲芹川に架かる橋を眺めて
「長生湯」は写真の右側にあります。無料共同浴場で長湯名物の「ガニ湯」はというと、芹川の河原に設置されています。


写真が若干傾いていますが、芹川沿いにやってきました。「ガニ湯」は写真真ん中の若干右寄りに見えるかと思います。


▲芹川に架かる橋と桜の花
いかにも春らしい風景です。


▲川のせせらぎが心地いい・・・


直入町長湯温泉ガニ湯
長湯温泉の芹川沿いには「ガニ湯」なる無料浴場があります。

無料で入浴することができますが、ご覧の通り仕切りがなく道路から丸見えで開放感抜群です。
あまりにも開放的すぎるので、女性はもちろんのこと、男性でも昼間は入浴するのに抵抗があるかもしれません。

直入町長湯温泉かに湯説明板


まるでカニが泡を吹くように、軽石でできた天然の湯船から炭酸ガスの気泡が立っていたことから、「かに湯」または「ガニ湯」という名で呼ばれるようになったとのことです。


「ガニ湯」へは、道路わきにある小さな階段から入っていきます。

小さな橋を渡り・・・


道路をくぐると到着します。
橋を渡る際、誤って沢に足を突っ込まないようご注意ください。


▲ガニ湯入口の近くにある沢
水の音が心地よく、大都会では感じられない「自然の声」を感じ取ることができます。
確かに沢の水に触れると心地いいですが、水の流れる音を聴くだけでも十分にリラックスすることができると思います。

直入町長湯温泉ガニ湯
お湯はぬるめですが、ここは炭酸泉です。炭酸泉には血行を良くする効果があるので、入っていると徐々に体が温まってきます。

血流障害や冷え症でお悩みの方はぜひ、長湯のラムネ温泉に浸かってみては?
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
1. 無題
昼間入るのは勇気要りますね…でも誰か1人が入ってしまえば勢いでザブン(笑)
旅する ペンギン #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年04月16日(月) 23:35
2. ガニ湯
>旅する ペンギンさん
こんばんは。
なるほど・・・!様々なサイトでガニ湯の画像を見て回りましたが、昼間に入浴されている方も結構いたようです。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年04月17日(火) 23:38
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):