台湾北部、新北市瑞芳区にある侯硐地区へとやってきました。
(侯の後ろの文字は「石偏に同」)

ここはたくさんの猫に出会えるという素敵な場所であり、炭坑の遺構もたくさん残されています。
炭坑の跡も早く見てみたいですが、まずは猫たちの元気な姿を見ることにしましょう。


$博多っ子 旅に出る
▲「人の食べ物をあげないで!」

ここ猫村では、猫にあげる餌(カリカリ)が販売されており、気軽に餌付けすることができます。
実際に歩いていると、至る所で観光客が猫にカリカリを与えている場面に遭遇しました。

ここで、前日に台北のファミリーマート(全家)で買っておいたミネラルウォーターがなくなったので、露店でお茶を買うことに。
氷水に入ったペットボトルの日式緑茶を購入。たしか25元だったような・・・


$博多っ子 旅に出る
民家の軒先に猫が二匹いました。
茶トラとキジ白が背中合わせに、仲良くお昼寝中。

$博多っ子 旅に出る

$博多っ子 旅に出る
「カリカリ食べきれなかったニャ・・・」


少し歩くと、見晴らしのいい場所に到着しました。
台鉄(台湾鉄路局)宜蘭線のほか、侯硐のランドマーク「運炭橋」もよく見えます。

$博多っ子 旅に出る
▲運炭橋が見える場所へ移動


南側に目をやると、いかにも台湾らしいコンクリート建屋の集落も見えます。

$博多っ子 旅に出る
ここからさらに南へ進むと、平渓線が分岐する三貂嶺(さんちょうれい)駅があります。


$博多っ子 旅に出る
側線には貨車が3両。
貨車の側面には、注音符号と数字で形式名が書かれています。

$博多っ子 旅に出る

消えかけており見づらいですが、上部「35●(●は不明)」の後に書かれているのが注音符号。
これは漢語(國語)の音素を示す表音文字の一種ですが、このように貨車の形式名として使用されることもあります。

ぼんやりとしているうちに、列車が次々と通過していきました。
日本では風前のともしびとなった客車が、今も現役バリバリで台湾各地を駆け廻ります。
長編成のディーゼル列車も見ることができます。台湾ってスバラシイ!


$博多っ子 旅に出る
▲貨物列車

$博多っ子 旅に出る
▲TEMU1000型太魯閣号 自強号(特急相当)218次花蓮行き

$博多っ子 旅に出る
▲DR2800型 自強号213次樹林行き


$博多っ子 旅に出る
▲DR2900型 自強号215次樹林行き


215次は花蓮から松山までノンストップの速達列車です。


$博多っ子 旅に出る
▲EMU700型 区間車(普通)4151次樹林行き


西部幹線に比べれば本数は多くないものの、十数分で多種多様な列車を見ることができました。
改めて、猫探し再開です。

$博多っ子 旅に出る
侯硐猫の中でも一番多い模様が黒白。前回紹介した「黒鼻」も黒白模様でした。


$博多っ子 旅に出る
▲ひんやり地面にペットリ

南国台湾は日本よりも蒸し暑い場所です。
猫も色々と試行錯誤して暑さをしのごうとしています。


$博多っ子 旅に出る
▲黒白「今はカメラの相手をする気分じゃないニャん、再見・・・」


$博多っ子 旅に出る
▲白黒「夏場は蒸し暑いから、グルーミングは欠かせないにゃん」



$博多っ子 旅に出る
▲「いつかは莒光号に乗って台北にでもいきたいにゃんよ」

でも台北に行ったらスクーターに轢かれるかもしれないから、猫村にいたほうが安心だよ・・・


$博多っ子 旅に出る
今回の侯硐めぐりで見かけた唯一の黒猫。
黒白猫があれだけいながら、黒一色は彼だけ。目を閉じて一体何を想うのか・・・


$博多っ子 旅に出る
被写体は列車や猫だけではありません。
日本では冬になると干し柿がよく吊るされていますが、台湾では軒先に干し肉が吊るされていました。

前にいた観光客と一緒に遊歩道を奥へ奥へ進むと、巨大植物がありました。
植物に疎いもので正体は分かりませんが、サトイモ科でしょうか?


$博多っ子 旅に出る

サトイモといえば、この後台北の「鼎秦豐」でタロイモの蒸し饅頭を食べましたが、詳細はまた後ほどということで・・・

巨大植物の脇を抜けさらに進むと、前方を行く観光客が折り返してきたではありませんか。
筆者はさらに奥へと進みますが、途中でコンクリ舗装が途切れ獣道になっていました。どうりで皆折り返すわけです。


$博多っ子 旅に出る
再び猫村へ戻ると、「さばトラななちゃん」そっくりのサバトラ白猫が眠っていました。


$博多っ子 旅に出る
猫村を一通り見て回りましたが、今度は炭坑関連の遺構を見ていくことにしましょう。
再び線路をまたぐ狭い通路を抜け、駅本屋のある方を目指します。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
1. こんばんは
何となくで、読めましたよ~!
「人の食べ物あげないで」

こりゃ!台湾行けるなぁ(笑)
takakun #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年07月11日(水) 23:38
2. こんばんは
>takakunさん
大学では簡体字で中国語を習ったもので訪問時は少し不安でしたが、大体理解できてよかったです。
飯は美味いし人は親切なので、台湾は毎年行ってしまうかもしれません(^-^)
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年07月12日(木) 21:40
3. 無題
のどかで居心地のよい雰囲気が、画像と文章から伝わって来ました。(‐^▽^‐)

あちらこちらで、暑さをしのぐ猫ちゃんたち、かわいいですね( ´艸`)

台湾は食事もおいしそうで、いろいろ試してみるのも楽しそうですね!
eau02 #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年07月13日(金) 14:14
4. こんばんは
>eau02さん
今回は色々と急ぎながら見て回ったので心残りな部分(OPEN小将関連の収穫皆無)の多い旅となりましたが、次回はグルメも楽しみながら巡れたらなと思っています。
特に台南小吃なんかが興味深いです。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年07月13日(金) 21:53
5. にゃんこ♪
こんにちは、お久しぶりです。

かなり暑かったようですにゃ~、
にゃんこたちもぐだ~ってますにゃ~。

世界中何処でもにゃんこには癒されますだにゃ~♪
Cisalpino #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年07月15日(日) 21:23
6. こんばんは
>Cisalpinoさん
台湾の猫も日本と同じように、気ままで癒されました。
欧米の猫たちも気ままなんでしょうね(^-^)
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年07月15日(日) 22:16
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):