今年の博多祇園山笠が終り、数日が経ちました。
何かブログに書き忘れていたと思っていましたが、追い山の記事を全て紹介していなかったことに気が付きました・・・
そこで今回は、上川端通の「走る飾り山」の様子をご紹介します。


承天寺前で全ての舁き山を見送ると、観覧客が大博通りへ向け一斉にダッシュします。

これは七番山笠の後に通る、八番山笠「走る飾り山」を見るため。

筆者もどうにか見物場所を確保することができました。初めは撮影しづらそうな場所だなと思いましたが、後ろを振り向くとこれでもか!というほどの人混みが・・・

前の方で撮影できただけでもよかったと自分に言い聞かせながら、体中が汗ばむ中撮影の準備を始めることに。

$博多っ子 旅に出る-1 $博多っ子 旅に出る-2


しばらくすると、遠くから巨大な飾り山の姿と男衆の掛け声が聞こえてきました。

周囲の観覧客は一斉にカメラを頭上に掲げ始めます。親子連れは子どもを肩車してあげます。


$博多っ子 旅に出る-3


国体道路(202号)と大博通りが交差する祇園町交差点を前に、飾り山は一旦停止しました。

そして飾り山の頂からは旗がスルスルと出てきます。旗が博多の朝空にたなびくと、拍手に包まれました。


$博多っ子 旅に出る-4

$博多っ子 旅に出る-5


今年の「走る飾り山」、表標題は「八犬伝孝信之絆(はっけんでんたかのぶのきずな)」、見返り標題は「瑞祥七福神(ずいしょうしちふくじん)」です。

最後に恒例の白煙がプシャーッ!


$博多っ子 旅に出る-6


大博通りに出てから、もひとつ煙をブシャー

飾り山のパフォーマンスを見るのも毎年の楽しみです。飾り山を見送ると、観覧客はぞろぞろと博多駅へ戻ってゆきます。

博多駅へ戻る前に、承天寺の清道旗を近くで見ることにしましょう。片づけが始まる前にどうにか見ることができました。

最後に承天寺の門を一枚パシャリ。

お寺見物の方を結構見かけました。

$博多っ子 旅に出る-8

$博多っ子 旅に出る-7 $博多っ子 旅に出る

清道旗と承天寺の門


その後は松屋で腹ごしらえするため、吉塚駅へ移動。

吉塚からは817系の快速にゆられ、帰路につきました。


$博多っ子 旅に出る-10
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):