台湾北部、新北市瑞芳区にある侯硐へやってきました。
(侯の後ろの文字は「石偏に同」)

ここには猫を見るためにやってきましたが、数時間の滞在で多くの写真を撮ることができました。
予想以上に訪問物件・写真の数が膨大なため、全て紹介しきるまでに時間がかかると思いますが、どうか長い目で見てやってください。


今回取り上げるのは、石炭ラッシュの時代に栄えた商店街「内店仔」。

$博多っ子 旅に出る

宜蘭線沿いにある細い道の両側に家が立ち並んでいます。

今回は商店街の中を通らず、川沿いの道を進むことにしました。


$博多っ子 旅に出る

歩いていると、住民の方が鶏をさばいていました。鶏の解剖はやったことがあるものの、しめた直後の鶏の解体は初めて見ました。

台湾に行くと、日本では殆ど見られなくなった風景が広がっていたのです。


$博多っ子 旅に出る

岩の形が特徴的な基隆河。

たくさんの子どもたちが水遊びをしていました。これからの季節、川遊びが楽しくなることでしょうね。

溺れないように気をつけながら・・・


$博多っ子 旅に出る $博多っ子 旅に出る

「内店仔」の前にも説明板がありました。

現在でも煉瓦造りの古い家を見ることができるんだとか。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):