台鉄(台湾鉄路局)侯硐駅で台北方面行の電車を待っているときのこと。
(侯の後の文字は「石偏に同」)

E311牽引のセメント貨物がゆっくりとした足取りでやってきました。





コンテナには「幸福水泥公司」と書かれていました。
幸福水泥―すなわち幸福セメントは工場が東澳(北廻線)にあり、そこから鶯歌へ向けてセメント列車を運行しています。



後ろを見ると機関車が連結されています。
なんと、プッシュプル列車でした!



セメント列車を撮影し終えると、台北へ行く列車がやってきました。車両はEMU500で楊梅行き。


▲宜蘭線から縦貫線に直通する、楊梅行きEMU500形
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):