今日の午前中に久々の雨が降りましたが、すぐに止んだと思いきや・・・昼過ぎに凄まじい大雨に遭遇しました!
そのおかげか、少しだけ涼しい午後を過ごすことができました。ヒグラシの合唱がいつもよりにぎやかだったのは気のせいかな?

ただ今ブログ執筆中、耳を澄ますと鈴虫の鳴き声が聞こえてきます・・・いとをかしかな。



台北駅前界隈・・・とはいえ台北駅前広場の様子がメインですが、少しだけご紹介します。
多くの方がご存じのとおり、駅自体は20年ほど前に地下化されています。

そんな台北駅北側には「後車站懐旧広場」があり、流線型気動車が一両保存されていましたね。

以下、ササダンゴンのぬいぐるみを使った茶番です。

新潟縣吉祥物「笹dangon」看看流線型柴油客車
あきゃ、日本っぽい電車ら・・・


車内に入れさせてくれんかなぁ?
おいらだけでも入れてほしいろ。


(茶番終わり)


台北駅北口に到着しました。ここには「愛父」と題された像があります。



日本語世代の李登輝元総統による題です。
この像があることは知りませんでしたが、ひとまず李先生の足跡に触れることができて大満足。
今回は行きませんでしたが、淡水や三芝の方にも行ってみたくなりました。

次に向かったのは駅東口。
ここには台東線(花東線)で活躍していたSL(LDK58)と気動車(LDR2201)が保存されています。



台灣光復不是光復,是地獄的到來了

看板によると、LDR2201もといLDR2200型は「學生仔車」「黄色仔車」と呼ばれていたそうで、その他にも国鉄湘南型フェイスに関する記述がされています。







LDR2200型は両運転台。非貫通二枚窓を持つのは片方だけで、もう一方はキハ17系によく似た貫通型となっています。



近くで見ると結構大きいですが、ナロー用ということもあって車長は14.1メートル。
二枚窓、四角い車体。西鉄313形に似ているといえば似ているような・・・






車内は結構豪華でクロスシート・・・ナローゲージだからと侮れませんね。

有貫通路的地方好像昔日的小田急電車

キハ17タイプの顔を持つ方はというと、大きなヘッドライトが一昔前の小田急っぽいですね。
テールライトは外されているのかありません。若しくは元からなかったのかもしれません。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
1. 無題
つらゆきさん、こんにちは★

すごくシンプルな外装と内装に驚きました。

デザインなんてどーでもいーや!的な。。

こうやって見ると、日本の車輛ってのは、外装も内装もこだわっていますよね。

実に貴重なお話です。 このシリーズ、おもしろいですね。
のむくん #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年07月31日(火) 12:31
2. こんばんは
>のむくんさん
最近の台鐵や捷運は徐々に「日式化」しつつありますが、今でもイタリア製電車など、異国情緒あふれる電車を見ることができますよ(^-^)
気軽に行けるし、台湾はチカッパよか場所だなと思いました。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年07月31日(火) 20:37
3. 無題
ササダンゴンですね?

ちょうさん #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年07月31日(火) 22:36
4. こんばんは
>ちょうさんさん
一緒に行きたいというもので、連れていきました(笑)
いつも一人旅だと心細いというのもあったもので・・・

ダンゴンの飛行機代はもちろん、サーチャージを含め「免費」でしたよ!
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年07月31日(火) 22:59
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):