2005年1月、寝台特急「さくら」を立席特急券で利用しました。所謂「ヒルネ」です。
乗車区間は博多~長崎間。

$博多っ子 旅に出る
▲奥のホームは篠栗線用の9番乗り場。
九州新幹線用のホーム増設のために撤去され、現在はありません。

$博多っ子 旅に出る

$博多っ子 旅に出る

博多駅では毎朝10時近くになると、東京からやってきたブルートレインを見ることができたものです。
昔に比べれば編成も短くなったうえに食堂車もなくなったし、二階建て列車ばかり(あさかぜ、出雲、富士を除く)にはなりましたが、威風堂々たる佇まいのため乗車するたびに緊張します。この独特な緊張感は、国鉄の特急型電車やJR九州の派手な電車には全くないものでした。


熊本行き「はやぶさ」 -今となっては青森へ行くようになりましたが- と連結した「さくら」鳥栖を目指して鹿児島本線を南下してゆきます。
筆者はロビーカーの一人掛けソファがお気に入りだったもので、鳥栖までは「はやぶさ」編成に乗車することに。


$博多っ子 旅に出る
▲今回乗車したのはオハ24-703。かなりブレています・・・
701と702はオシ24からの改造車ですが、こちらはオハネ24からの改造車です。翼を広げたような形の帯が特徴的な車両でしたが、残念ながら外観を写した写真は一枚も残っていません(^-^;)

「さくら」が廃止され、「はやぶさ」が単独運用・14系化されるまではロビーカーが連結されており、九州ブルトレは最後の輝きを放っていました。


$博多っ子 旅に出る $博多っ子 旅に出る

「さくら」「はやぶさ」の連結面に行くと、そこに現れたのはテールマーク。
今となってはどちらも新幹線の愛称名こそなったものの、両者の並びを見ることはできなくなりました。


あっという間に鳥栖に到着。ここで「はやぶさ」を切り離します。これから長崎に向かうので、「さくら」編成に移動、切り離し作業をしばし見守ります。

$博多っ子 旅に出る
「はやぶさ」熊本へ向け、鳥栖駅を出発しました。
左奥にはED76が停車中。現在、JR九州所属のED76は大分区の94号機(「はやぶさ」ラストラン牽引機)が残るのみとなりました。

「はやぶさ」から切り離され、身軽になった「さくら」は鳥栖から長崎本線へと入ります。


「はやぶさ」にはA寝台「シングルデラックス」(オロネ24-0)と先述のロビーカー(オハ24-700)が連結されていますが、「さくら」の方にはB寝台個室「ソロ」(オハネ15-2000)が連結されていました。

$博多っ子 旅に出る

九州ブルトレで個室寝台に乗ることは叶いませんでしたが、「あけぼの」や「北斗星」ではまだまだ現役。個室寝台の旅も楽しんでみたいものです(^-^)
現在、オハネ15-2000のうち2004がマレーシア国鉄に譲渡され、「Malayan Tiger Train」の一等寝台として余生を送っています。


長崎本線に入った「さくら」は水田、有明海沿い、山あい、トンネルの中・・・と多種多様な風景の中を走ってゆきます。
そして長崎に到着したのは、ちょうど昼の1時過ぎ。

$博多っ子 旅に出る

$博多っ子 旅に出る
▲これから回送される「さくら」の方向幕を見ると、既に東京行きにセットされていました。新幹線の愛称名となった今では、新大阪から東に行くことはなくなりました。

$博多っ子 旅に出る

長崎駅構内を見渡すと、先に到着していた「あかつき」編成が休憩していました。
オハ14「レガートシート」車の前に停車しているのはED76-92。門司から長崎まで夜明け空の中、牽引してきたのでしょうか。

昔は長崎駅構内に青い客車がたくさん横たわっていたものですが、今となっては遠いゝ昔の記憶です。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
1. 無題
懐かしい【さくら】と言う名前
初めて寝台列車を見たのは 国鉄時代の さくらだったな~
旅する ペンギン #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年10月10日(水) 23:15
2. こんばんは!
私の高校時代、九州旅行でさくらのチケットを取ろうとしたが、当時一番人気のさくらは、完売。
目的地は、長崎に設定してたので、はやぶさで鳥栖まで行き、かもめで長崎に行きました!

ロビーカーは、懐かしいです(^-^)/
takakun #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年10月10日(水) 23:26
3. 旅する ペンギンさん
偶然ながら、僕もまさにそうでした!
開店休業中の食堂車に行きカレーを食べたのはいい思い出です。当時は解放式A寝台や佐世保行きの貴重性を全く知らない年頃だったので、あまり記録に残せていないのが心残りです。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年10月10日(水) 23:32
4. コメント3
訂正:解放⇒開放(コメント本文2行目)

大変失礼しました。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年10月10日(水) 23:37
5. takakunさん
まさにブルトレ全盛期だったんですね!
「さくら」もプラチナチケットだったとはビックリです。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年10月10日(水) 23:42
6. 心残りというか・・・
僕の母型の実家が鹿児島でして、その帰りに一度どうしても寝台列車に乗りたかったので、奮発して「なは」の個室B寝台に乗車しまして。

確かに快適だったんですが、いま思うとちょっと失敗したかなぁ、と思ってます。
不満があるとかそういうんじゃなく、普通のB寝台を経験してから乗ったほうが、きっと快適性がよく感じられたんだろうなぁ、と・・・。

やっぱり「基本」は大切ですね(笑)
いってつ #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年10月11日(木) 00:12
7. いってつさん
やっぱりレイルファンとしては、開放個室、どちらも楽しみたいものですね。
僕の場合、狭いことで有名だったからこそ、あえて「きたぐに」の上段で一晩過ごしたことは良い選択だったなと思っています。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年10月11日(木) 21:03
8. こんにちは。
特急さくら号の、博多から立ち席乗車したんですね!自分は富士号のロビ-カ-を利用した事があります。
神崎守 #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年10月12日(金) 16:30
9. 神崎守さん
長崎や久留米の方へ行く際は、よくヒルネの世話になったものです。
寝台も良いですが、ロビーカーもなかなか良かったですよね!
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年10月12日(金) 20:30
10. 懐かしいなあ~
 もうこういう光景を見ることはできませんね。
 レガートシート、学生時代に博多から京都まで乗ったことあります。でも疲れていたので、あんまし記憶が無いんです…。
TMO幸手(なが) #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年10月12日(金) 22:50
11. ながさん
見慣れた風景とその記憶も、いつの間にか遠のきつつあるとは少し悲しいものです。
レガートシートといえば・・・夏場 暑いので網戸にしているときのこと。明け方ごろになると、「なは」と思しき機関車の汽笛と客車の軽快なサウンドが遥か遠くから聞こえてきました。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2012年10月12日(金) 23:04
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):