旧3号沿いを移動していると、以前発掘が行われていた田熊石畑遺跡(中央中跡地)の様子が少し変わっていることに気が付きました。

この遺跡は弥生時代の集落跡であり、国指定史跡となっています。
ここ東郷~田熊界隈では、昔から多くの遺構が発見されてきました。わが母校の宗像高校でも校舎建て替えの際に、環濠などの遺構が発見されました(東郷登り立遺跡)。


$博多っ子 旅に出る

$博多っ子 旅に出る
▲「国史跡の整備工事を行っています 平成25年3月29日まで」・・・


看板が増えていたので近づいて見たところ、遺跡を公園として整備する工事が行われているとのこと。どうやら小中規模の史跡公園が造られるようです。
工期は来年3月末までと看板に「一応」記されていますが、果たして史跡公園はいつ完成するのでしょうか?

$博多っ子 旅に出る

遺跡の整備に関しては賛否両論があるかもしれませんが、郷土の歴史・・・とくに古代史を知るうえで、これらの史跡が人の目に見えるかたちで保存されることは重要なことだと思います。

来た人が大いに考え、そして学ぶことができるような公園になることを心から願っております。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):