台北から高鉄(台湾高速鉄道/台湾新幹線)で台中へとやってきました。

高鉄と台鉄(台湾鉄路局)は全く異なる会社同士であるためか、桃園・新竹・台中・嘉義・台南など主要都市の駅は併設されておらず、高鉄の駅は市街地から離れた場所に設置されています。

今回下車した高鉄台中駅は台鉄と交差する位置に設置されているため、(台鉄)新烏日駅を交差地点に設置することで利便性の向上を図っていますが、(高鉄)桃園・新竹・嘉義・台南各駅は台鉄と交差すらしていません。
高鉄桃園駅は桃園機場捷運(空港連絡鉄道)の駅が併設されることになっており、高鉄新竹・高鉄台南の二駅に関しては、台鉄のアクセス路線が建設されました。
高鉄嘉義駅は接続する鉄道路線がなく、嘉義市街地方面へはバスによる移動となっています。


台湾新幹線700T型が台中駅を出発します
列車を見送り、階下にある改札口へと向かいます。
切符は改札機に通しても回収されません。切符を抜きとるとゲートが開く仕組みになっているので、利用される際はご注意ください。

$博多っ子 旅に出る
▲高鉄台中駅から楓樹脚地区をのぞむ

$博多っ子 旅に出る
駅構内は広く、南投など各方面へ向かうバスが発着するターミナルもあります。
台鉄新烏日駅方面へ行く際は、「台鐵車站」と記された看板に従って歩いてください。

$博多っ子 旅に出る $博多っ子 旅に出る
$博多っ子 旅に出る
長い通路を歩きつづけ、ようやく新烏日駅に到着しました。駅コンコースを歩いていると、「鐵路迷」にはたまらない物件が次から次へと目に入ってきます。
上のジオラマもその一つで、高鉄700T型はもちろんのこと、復興号客車やEMU100型のゲージも置かれていました。そして0系新幹線の姿も・・・!


$博多っ子 旅に出る
さらに進むと、今度は迫力ある段ボールアートが展示されていました。
その名も「紙箱王火車餐庁(Carton King列車レストラン)」で、筆者はあまり詳しくありませんが「紙箱王(Carton King)」なるテーマパークの支店とのことです。


$博多っ子 旅に出る
「紙箱王火車餐庁」の近くには、鉄道車両を模した段ボールアートも展示されています。
こちらは非電化ローカル線のエースDR1000型。

$博多っ子 旅に出る $博多っ子 旅に出る
こちらは8620型のタンク版ともいえる、CK100型蒸気機関車のトップナンバー・CK101号機を模した段ボールアート。
あの「やなな」を紛れ込ませたら面白そうですが残念・・・

$博多っ子 旅に出る
台湾の1号機関車ともいえる騰雲号も段ボールアートになっていました。
近くでは台鉄のマスコットキャラクター「台鉄先生」が、不気味なのか爽やかなのかよくわからない笑顔を浮かべています。右端は「台鉄小姐」?


$博多っ子 旅に出る
機関車を模した巨大アートがもう一つありました。


$博多っ子 旅に出る
台鉄の電車を模した移動式の椅子?もありました。
もちろん最近デビューしたばかりのTEMU2000型「プユマ号」のものもありましたが、あまり目立たない片隅に置かれていました。


$博多っ子 旅に出る
普快で使用されていた客車の座席も置かれています。


$博多っ子 旅に出る
こちらは何処かで見たことがあると思えば、侯硐(侯トウ)の今はなきアイドル猫「黒鼻」のマスコットでした。
侯硐駅にある猫グッズの店「猫行館」が、ここ新烏日駅にもあります。まだ朝早いせいか、店は閉まっていました。


台中までの切符を買い、改札を抜けて駅構内へと向かいます。

$博多っ子 旅に出る

$博多っ子 旅に出る
ちょうどEMU500型区間車が停車中でした。
斗六行きだったと思います。


$博多っ子 旅に出る
続いてE1000型「PP自強号」が通過。
正面から撮ると逆光なので、後追いで記録に収めます。


$博多っ子 旅に出る
高鉄台中駅・新烏日駅の周辺はまだ再開発が進んでいないようで、ご覧のような空き地が広がっていました。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
1. へぇ、それは驚きです♪
こんにちは、
なかなかコメントできませんで失礼しております。

会社が異なるため平行在来線との接続無しというのはびっくりです。
高速列車からローカルへスムースな乗り継ぎができず、よほど目的地が駅近くにある場合を除いて、ローカル沿線の街まで行くには不便になりそうですね。

台湾高速鉄道はJRの700系がモデルになっているようですね。
今はなき0系の模型にお目にかかれて、ふと往時が懐かしく感じられたでしょう♪
Cisalpino #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年03月22日(金) 21:23
2. Cisalpinoさん
おかげで在来線では今も特急・急行が走っているので、お金をかけずに長距離移動出来るので助かります。
速く移動したいなと思った時は新幹線を利用するなど、使い分けができて良いかなと思います。

ちなみに、0系新幹線の先頭車(実車)が台湾にあるのはご存知でしょうか?
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年03月22日(金) 21:47
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):