東郷駅でいつものように列車を待っていると、保線車(レール削正車)の横で何か作業が行われているのが見えました。
どうやら、車体やその足回りを清掃していたようで、その他、機能保全のためかエンジンもかけられていました。

整備されるJR九州東郷駅の保線車両

その背後では、伸びきった雑草を刈り取る作業も行われており、保線車のアイドリング音と草刈り機の音で、駅構内は普段よりも幾分か賑やかでした。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
1. 無題
こんばんは
この保線車両はよく止まってますよね。
東郷駅にいない時は、だいたい釣川橋梁の近くにいますねww
最初は青い保線車両はびっくりしました。
matsuken8173000 #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年04月18日(木) 21:42
2. matsuken8173000さん
そうですね。
アイドリングさせたり動いていたりしている姿はなかなか見られないので、貴重なシーンを見ることができたと思っています。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年04月19日(金) 18:51
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):