台北から夜行の莒光号(急行に相当)531次に揺られ、台湾第二の都市・高雄へとやってきました。ここから屏東線に乗り換え、池上一郎文庫のある竹田駅へ向かう予定ですが、まだ開館前の早朝6時ということで、高雄市内を少しだけ見て回ることにしました。

台湾鉄路管理局高雄駅
▲台鉄高雄駅
一帯では地下化工事が行われており、ホームから駅本屋へは長い連絡橋を介しての連絡となっています。


▲跨線橋から高雄駅構内を眺めて

高雄捷運美麗島駅高雄捷運美麗島駅

高雄駅からはレッドラインで一駅先の美麗島駅へと向かい、さらに橘線に乗り換えて西子湾駅を目指します。西子湾駅周辺一帯は「ハマセン(哈瑪星)」と呼ばれており、レイルファン必見の「打狗鉄道故事館」も近くにあります。
まずは旧高雄神社(高雄忠烈祠)の大鳥居を見るため、駅の北西に聳える寿山を目指して歩くことにします。

旧神社に立ち寄ったのち、「打狗鉄道故事館」にも立ち寄り、保存されているC55(CT250)や9600(DT600)などを幾つか記録に収めましたが、画像ファイルの異常のため、残念ながら今回はお送りすることができません。

高雄の亭仔脚―日治時期的湊町近邊
西子湾駅西側一帯は、かつては湊町と呼ばれていました。
写真はありませんが、臨海二路から路地に入ると、そこは地元市民の台所で、多くの朝食屋や野菜売りが軒を連ねていました。聞こえてくるのは台語ばかりです。

撮影日:2013年6月1日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):