$博多っ子 旅に出る

台湾東部 花蓮県玉里鎮楽合地区には、原住民アミ族が居住するハラワン(楽合)集落があり、日本統治時代に建立された神社の跡が一部残されています。

ハラワン集落は省道台9線沿いにあり、玉里市街地から比較的近い(とはいえ3~4キロ程離れています)場所にあります。日本統治時代当時、ハラワン集落は大字落合に属していましたが、戦後 落合は楽合に改称されました。

$博多っ子 旅に出る
▲ハラワン集落周辺の地図

$博多っ子 旅に出る $博多っ子 旅に出る
▲ハラワン集落入口に立つ「楽合勇士」の像
ここから集落へは、秀姑巒渓の支流・楽合渓沿いの小さな農道を通ります。
しばらく進むと、前方に農薬散布中の農家さんを発見。「危ないから急いで通りなさい!」と急かされながら進むこと数分、目的地のハラワン集落に到着しました。


$博多っ子 旅に出る
谷間の長閑な集落で、歩いているとアミ族の言葉が聞こえてきます。オーストロネシア系の言語ということもあり、同じ語族に属するタガログ語に似たような響きを感じました。

$博多っ子 旅に出る
メインストリートから外れ神社へ続く小道を進むと、小さな鳥居が見えてきます。

ハラワン祠鳥居
▲旧ハラワン祠鳥居
形は神明系ですが、亀腹付近が変形されています。鳥居にしては若干不自然に見えますが、果たしてこれは日本統治時代当時のものでしょうか?


ハラワン祠石灯篭 ハラワン祠石灯篭
鳥居の背後には、石灯篭が左右に置かれています。破損個所もコンクリートで補修されており、神社跡がいかに大切にされてきたかが分かると思います。

ハラワン神社入口
鳥居から向かって右にはキリスト教会があり、拝殿・本殿跡には集会所が立っています。このように、かつての境内は集落の中心地として活用されています。

ハラワン神社石碑
▲「哈拉灣神社」の石碑

ハラワン祠参道階段
▲参道階段

参道からハラワン集落を眺めて
▲参道からハラワン集落を眺めて

拝殿跡からハラワン集落を眺めて
▲拝殿跡からハラワン集落を眺めて


$博多っ子 旅に出る
最後に、鳥居と青々とした空を一緒に撮影。
亜熱帯ということで夏場は非常に暑いですが、川の流れる音が心地いい場所でした。また訪れる機会があれば、現地の高齢者から様々な話を聞いてみたいです。

(参考)
「臺灣原住民族資訊資源網」http://www.tipp.org.tw/
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):