お知らせ

12月5日:レスポンシブ対応のため、テンプレート変更・再リニューアルを実施しました。数日間レイアウトが崩れた状態になり、ご不便をおかけしました。
12月1日:ページリニューアルを実施しました。
8月30日:活動10周年を迎えました。これからも当ブログ&チャンネルをよろしくお願いいたします。
3月24日:ネタの大量蓄積を防ぐため、しばらく朝6時の投稿を行うことがあります。
2月23日:記事の公開時刻を変更しました。6:00⇒19:00
 

人生初の秩父鉄道は、雨が降りしきる熊谷駅から始まりました。今回は秩父方面に向かうわけではなく、羽生行きに乗って終点まで行こうと思います。列車が来るまでの時間を使い、あいにくの天気ではありますが、雑多な譲渡車を撮影することにします。


運転上の拠点ということもあって、熊谷駅には側線や乗務員詰め所があります。地方私鉄らしい古さを感じるホームに入ると、すぐ横の留置線に7000系が止まっていました(写真上)。

これは東急8500系を譲渡したもので、中間車から先頭車化された車両も存在します。写真上の7002編成はまさにそれで、一見するとオリジナルの8500系そのものですが、前面非貫通になっているほか、列車番号表示器が省略されているなど相違点があります。


羽生側には東急8090系を譲り受けた7500系、20年前に都営三田線から来た5000系も留置されていました。もと都営6000形は秩父鉄道のほか、熊本電気鉄道やジャボタベックにも譲渡されましたが、老朽化が進行しており、すでにジャカルタからは姿を消しています。


そんな、もと都営6000形がホームに停車したので一枚。劣化しにくいステンレス車ですが、それでも古さを感じずにはいられません。


やがて羽生行きの急行「秩父路4号」が入ってきました。有料急行ということで見送り、後続の羽生行きで目的地に向かいます。

この6000系は西武101系からの改造車ですが、車内外ともに大規模な改造を受けており、種車の面影は扉・側面窓になんとか見出せるだけです。日本屈指の魔改造電車ではないでしょうか?


やがて側線に停車していた7500系が動き出し、ホームに入ってきました。この列車が後続の羽生行きになるようです。さっそく乗り込み、この列車で熊谷を後にします。

撮影日:2019年11月23日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。