久々に訪れた広島は、あいにくの雨に包まれていました。

さすがに雨天では、思ったように外を出て回ることはできません。しかし、せっかくここまで来たからには、せめて広電だけは撮っておきたいと思いました。今回は広島の街をめぐりながら、広島電鉄の市内電車を収めていきます。

DSCN8167.jpg
ポケモンセンターヒロシマが入居しているという、広島そごう前に来ました。ピカチュウの看板がでかでかと掲げられているので、それを背景に電車を収めてみます。

おりしも、京都市交通局出身の1900形1909号がやってきました。

DSCN8168.jpg
紙屋町東電停に来ました。ここから広島駅に向かおうと電車を待っていると、ちょうど宮島口行きの電車が到着しました。3900形3902編成です(写真上)。VVVF装置が換装されたようで、走行音がだいぶ静かになりました。



DSCN8169.jpg
続いて、800形804号の江波行きが入ってきました。つりかけ駆動も魅力的ですが、チョッパ制御の路面電車も良いですよね。

DSCN8171.jpg
最後に、広島駅電停の近くで撮影を行います。写真上は3800形3807編成。

ちょうど、マツダスタジアムでカープ対巨人戦が行われるということで、多くのカープファンが駅前を移動していました。残念ながら、この日の試合は中止になったようです。

今春の対巨人オープン戦では、巨人にFA移籍した
顔デカ丸へのブーイングは影を潜め、逆に両サイドからの拍手に包まれました。新井さんが阪神に移籍した頃に比べると、随分変わりましたね。今やカープはセリーグ一の常勝球団ですから。

DSCN8172.jpg
電車はひっきりなしにやってきては、折り返していきます。

広島駅電停のホームは、一風変わった構造をしています。まずは先端の降車ホームで客を下ろし。乗車ホームに移動して乗客を拾うという仕組みです。ただし、系統によっては乗車・後者を同一ホームで行う場合もあります。

DSCN8173.jpg
広島駅から少し足を伸ばして、隣の猿猴橋町電停にやってきました。石積みの細長い安全地帯があるだけという、極めてシンプルな停留所です。

700形のラストナンバー、714号の江波行きがやってきました。先ほどの800形と同じような格好をしていますが、こちらは抵抗制御を採用しています。初期車の駆動方式はつりかけ式ですが、714号を含む後期車はカルダン駆動です。

DSCN8174.jpg
続いて、5100形5108編成の広島駅行きがやってきました。ちょっと雨が強くなってきましたね。

DSCN8175.jpg
この5108編成は、Jリーグチーム「サンフィレッチェ広島」のラッピング車です。

DSCN8176.jpg
広島駅~猿猴橋町の間はたいへん近いため、気軽にいったり来たりができます。広島駅方面に目をやると、ちょうど3800形3802編成の宮島口行きが、動き出したところでした。

DSCN8178.jpg
「グリーンムーバーLEX」こと、1000形1007編成が動き出したので、後追いで猿猴橋に入る様子を収めました(写真上)。背後には先行する800形804号(江波行き)も写っています。

DSCN8179.jpg
猿猴橋町での撮影を終え、広島駅に引き上げている途中、3900形と3950形が並んでいるのが見えました。まさに兄弟車どうしの競演です。似たようなスペックの両形式ですが、じっくり見てみると、相違点の多いことが分かります。

DSCN8181.jpg
最後に800形805号を収め、今回の撮影を終えました。

短時間の滞在でしたが、たくさんの電車を見ることができ、広島電鉄のおもしろさを再認識した撮影になりました。今度は天気の良い日に行きたいものです。

撮影日:2019年3月6日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク