【はにゅはにゅ】世界キャラクターさみっとin羽生2019 1日目(1)

ついにやってきました!これから2日かけて、「はにゅはにゅ」こと「世界キャラクターさみっとin羽生」の会場、羽生水郷公園をめぐっていきます。

ところが、この日はあいにくの雨でした。同じく羽生入りするという、同業者ブロガーの旅するペンギン様曰く、ぬかるみには注意するようにとのこと。最悪のケースを考えて、水を通さない防水靴を履いていくことにしました。



s1530002-1.jpg
シャトルバスを降りて水郷公園に入ると、やがて右側に「さいたま水族館」が見えてきました。その入口では、同館マスコット「ムートくん」がグリーティング中でした!

今回、私が一番目にしたいのは、こういうローカル色の強い関東キャラだったりします。幸先いいですね。

s1530002-2.jpg
いったん「ムートくん」に別れを告げて、さらに公園内を進んでいきます。それにしても、ふなっしーファンの割合が多すぎませんか?べつにいる分にはいいのですが、あまりの多さに恐怖さえ感じてきました。これが先日書いた、「完全アウェー状態」というヤツでしょうか。

s1530002-3.jpg
おや、マスコットの営業車が止まってるじゃないですか。「からむん」とは・・・見たことがないですね。こういう見知らぬキャラが沢山いると、撮影も捗るってもんです。

早速オラ、ワクワクしてきたぞ!

長い通路を進むと、やがてステージ・ブースが見えてきました。公園の芝生広場を使って設営されているらしく、旅するペンギン様が懸念した通り、会場はぬかるんでいました。試しに足を踏み入れてみると、ズブズブと地面が沈みます。まさに底なし沼!

しかし、この底なし沼を進まないと会場には入れません。覚悟を決めました。それでは「はにゅはにゅ」制覇に向けて、覚悟の一歩を踏み出しましょう!


ちょい待ち!開幕塩崎キャラですかい。ということで、栃木県矢板市のマスコット「ともなりくん」に遭遇しました。デザインはエイイチおじさんです。

ブース内にはスポンジシートが敷かれていますが、すでに泥だらけになっています。もうメチャクチャですね。彦根初日もそうでしたけど、本当に雨っていやだ・・・。

肝心の会場内はというと、もう大変なことになっていました。とくに「すわん君」のブースがあった中央部の泥沼ぶりは深刻で、一歩踏み出すのも一苦労でした。ふと、甲子園泥試合(2017年10月15日横浜vs阪神戦)を思い出したのは私だけでしょうか。

「阪神園芸助けてくれ」と言いながら実況していたのは私です。

筒香みたく泥に突っ込みたくないなぁ・・・。ちぃたん☆なら喜んでスライディングしそうですが。

s1530002-4.jpg
そんな中でも、あのお方は元気そのものでした。その名もイーサキングおじさん!

スーツ姿の魚を相手に、即席トークショーをやっています。ついでに焼き鳥もくちゃくちゃ食べつつ、食レポもやってのけるおじさんでした。

s1530002-5.jpg
おや、このマスコットは見たことがないですね。

なんでも、埼玉県最北にある上里町のマスコットで「こむぎっち」というそうです。同町では種子小麦の生産が盛んで、さとのそらという品種が生産されています。

s1530002-6.jpg
こちらは山梨を中心に活動する食の伝道師「つっちー」(株式会社土埃)。山梨のご当地キャラとはこれまた珍しい!レアもんを見ちゃったかもしれません。

s1530002-7.jpg
そうこうしているうちに、周囲がざわついてきました。視線の先にいたのはイッチャンこと「大崎一番太郎」。ファンの奥様方から歓声を浴びながら、目指すは親友のブースです。

s1530002-8.jpg
イッチャンが行きついた先は・・・そう、「しんじょう君」のブースでした。詳細は動画で見てください。相変わらず人が多くて、見るだけでも難儀するマスコットです。

「しんじょう君」は人気が凄まじいので、毎度ながらアテンドのお兄さんやスタッフ諸氏は凄いなと感服せずにはいられません。短時間で大人数を相手にするわけですから・・・。

s1530004-1.jpg
イッチャンに別れを告げ、再びブース内を縦横無尽に駆け抜け男になります
(ガムをくちゃくちゃ)

すると、秋田県美里町の「ミズモ」が出てきていました。
あ、お腹の模様が「み」の字になってる!

s1530004-2.jpg
相変わらずぬかるんで歩きづらい中、小休止をとろうとブースの角に来ました。おや、ここにもマスコットがいるじゃないですか!トモヱ乳業の「トモ~」です。

s1530004-3.jpg
天気は最悪ですが、ステージでは順調に催しごとが進められていました。これからステージに上がるのか、「ころう君」と「さのまる」がスタンバイしています。

s1530004-4.jpg
彦根でおなじみのコンビは羽生でも健在でした。タボくん&いなッピーがミニ撮影会を始めると、たちまち人が集まってきます。それだけ魅力たっぷりな二体なのですよ。

s1530005-1.jpg
さてさて、こちらはさいたまスーパーアリーナの「たまーりん」。シベリア送りにされそうな名前ですが気にしちゃいけん。そもそも、そんな見た目じゃないでしょ!

s1530005-2.jpg
妙にリアルな着ぐるみさんがいると思ったら、カモシカモチーフの「三太」でした。同じカモシカキャラでも、おおまぴょんとは全然方向性が逆ですよね。まあこれも悪くないと。

s1530005-3.jpg
山形県高畠町からは、「はたっき」が来ていました。相方の「たかっき」はお留守番かな?

s1530009-1.jpg
こちらは人気急上昇の予感を見せている、名鉄レジャックのマスコット「クジャック」。中京地方は相変わらずマスコットの宝庫ですなぁ。


続いてはB級グルメ屋台が並ぶ一角に来ました。ここにはおもに、B級グルメをウリにする自治体のマスコット(所謂ゆるキャラ®)がブースを置いています。富山県小矢部市からは、「メルギューくん」「メルモモちゃん」が来ていました。

DSCN0669.jpg
そんで、青森県黒石からは・・・モミー(黒石やきそば応援団ブラスト)!!

相当久しぶりじゃね!?よくよく考えてみると、2014年の彦根以来、5年ぶりのモミーさんとの遭遇でした。あまりの嬉しさに、1分近く独り占めしてしまいました。ほかの観客の皆さん、ごめんなさい。

ツユヤキソバンも来ているそうなので、また後程ゆっくり観察することにしましょう。


再び芝生広場に戻ると、JU東京の「キャピクル」がノリノリで踊っていました。なんでも、東京都中古自動車販売商工組合という団体のマスコットだそうで。


色は違えどシルエットはまさに、肥前夢街道のマスコット「にゃんにゃん丸」!そんな彼を見て、驚いたのは僕だけでしょうか。

スタッフさんに名前を聞いてみると、近畿地方に展開する讀賣テレビ放送のマスコットで、「シノビー」ということが分かりました。のちほどTwitterに写真を上げてみると、「にゃんにゃん丸」の公式から反応をもらいました。なんでも「エリートの風格がある」とのこと。

ちなみに「にゃんにゃん丸」は現在、嬉野市内にある「メルヘン村」に拠点を置いているそうです。機会があれば会いに行ってやろうかなと思っています。み~ちゃんやみんなが忘れても、俺は忘れないんだからね。


先日彦根でも見た「やはたいぬ」(山梨県甲斐市)は、ちょうど「ちょこたろう」とミニ撮影会を開いていました。右のちょこたろうは、どうもマスコットファン有志による作品のようです。


さて、大柄な「バリィさん」はといいますと、ブーステントの奥で大人しくしていました。こういう天気のときは、これが一番ですよね。仮に出て回れたとしても、来場者にびっしり覆われてしまっては、動線に影響が出るでしょうし。


さらに進むと、神奈川県川崎市宮前区のマスコット「メロー」「コスミン」が、アルパカ?のマスコットと並んでいました。中央のマスコットに関しては、また分かり次第追記したいと思います。


厚生労働省からは、副流煙防止の啓発キャラクター「けむいモン」が来ていました。受動喫煙、ダメ絶対!すわん君とともに、今後の活躍が期待される存在です。


お、紫の兜。
まさか唐ワンくん、俺がここまで来るとは思ってなかったろうもん。このガッチャマンヘルメットを見て、ピンと来たろうもん!そんで、すぐに飛んできたろうもん!!


沸き立つスタンドの~期待に応えて燃えてやれ~振り抜くその腕に~闘志を注ぎ込め~!カットバセー松田!!っと。唐ワンくんはマッチの打撃フォームと、左打選手のフォームをマネしてみせました。

左打ちの方は、最初ポンちゃん(本多コーチ)かなと思いましたが、「違うぞ」と唐ワンくん。そんでハッセ(長谷川)と答えましたが、たぶん牧原大成だと思います。唐ワンくんは多分、僕をマッキーファンだと認識しているのでしょう。彦根でのエピソードを考えると、決して不自然ではないと思います。

昔はロン毛のTsurayuki100sei、今は鷹キチのwraしゃん。じつはどっちも同一人物なのですよ。気がつきゃ、wra名義で活動している期間の方が長くなったなぁ。


なんやかんやで、ニャジロウも久しぶりだなぁ。2012年の彦根以来ですから、なんと7年ぶりですね。もうそんなに見ていなかったとは・・・。


この鳥さんは覚えてる!高知県越知町の「よコジロー」でしょ?花をくわえたその強烈なルックス、忘れるわけがなかろーもん。


鹿児島県薩摩川内市の「西郷つん」は、彦根につづいて羽生にもやって来ました。

場所が場所だけに、このイベントでは九州勢が多くありません(沖縄県に至ってはゼロ)。ゴリ押し路線で存在感をアピールする「ガタゴロウ」や「イーサキング」のような特殊ケースを除くと、どこも完全アウェー状態の中でやっている状況でした。同じ九州勢として、しっかりとエールを送っておきましょう。


そしてついに、このマスコットをブログでご紹介する時が訪れました。埼玉県熊谷市にある妻沼商工会のマスコット「えんむちゃん」です!!

妻沼といえば、「妻沼聖天山歓喜院」が縁結びのパワースポットとして知られています。それにちなんだマスコットがこの「えんむちゃん」で、頭は歓喜院の代表的な供え物「二股大根」がベースになっています。顔にハートマークがあるのも特徴です。

ちなみに男の子なんですってね。

S1520003.jpg
ステージが気になったので近づくと、ちょうど3体のマスコットが登壇していました。左から順に、かぼまる(福島県金山町)、パリポリくん(草加煎餅協同組合)、からむん(群馬県昭和村)。

DSCN0671.jpg
JR四国からは「すまいるえきちゃん」が来ていました。JRマスコットも羽生に参加する時代が来るとは・・・。

DSCN0672.jpg
KIGURUMI.BIZのブースもあるそうなので、さっそく見に行ってみると、そこにいたのは紅一点のピンク鼻「ビズベア」でした。普段は遠征要員として、黄色鼻が単独でいることが多いですけど、どうやら今回は三体とも来ているようです。

さて、そろそろ例のアレを見に行きましょうか。台湾キャラのブースです。

撮影日:2019年11月23日
関連記事
ゆるキャラ

Comment

オバ鉄

  こんにちは

 wraさん 雨の中羽生市まで、ご苦労様でした。遠かったでしょう。


羽生市は茨城県のお隣ですが、心の距離が遠くて・・・彦根市だったら頑張れるけどね。

ヤキソバン 黒石市の公認じゃないのにまだ頑張ってるんですね。
後から登場した黒石市のりんご農家のあんちゃんのにゃんごすたーの方が、すっかり人気者になってしまいました。

ともかく 遠路遥々お疲れ様でした。 

2019年11月28日(木)13:15
wra

wra

オバ鉄様

>   こんにちは

いつもコメントありがとうございます。


>  wraさん 雨の中羽生市まで、ご苦労様でした。遠かったでしょう。

福岡から羽田までも遠かったですが、羽生はさらに空港から遠くて大変でした!!
さすがは関東地方ですね。広々として人も多いし・・・。福岡のような辺境とは大違いでした。


> 羽生市は茨城県のお隣ですが、心の距離が遠くて・・・彦根市だったら頑張れるけどね。

どんなに近くても、心の距離が遠くてはなかなか行きづらいでしょうねぇ。


> ヤキソバン 黒石市の公認じゃないのにまだ頑張ってるんですね。
> 後から登場した黒石市のりんご農家のあんちゃんのにゃんごすたーの方が、すっかり人気者になってしまいました。

にゃんごすたー、ふなっしーファンに人気ですからね。
個人的にはアックマ・大崎一番太郎・カパル・にゃんごすたーを「ふなっしー四天王」と呼んでいます(笑)


> ともかく 遠路遥々お疲れ様でした。 

どうもです。私のようなご当地キャラ系のブロガーさんは、なかなかFC2にはいないんですよね。
コメントをいただけて、本当に感謝感謝です。

2019年11月29日(金)21:58