【旅行記】マリックスラインで行く沖縄・九州の旅 6日目(完)―最終日も観光列車を満喫!

沖縄から奄美をへて九州に至る、飛行機・フェリー・鉄道をフル活用した長旅も、いよいよ最終日の6日目を迎えました。この日は鹿児島のホテルを出て、JR九州自慢の観光列車に乗りつつ、福岡の自宅に戻りたいと思います。鹿児島中央駅前にある、「ホテルユニオン」で朝を迎えました。7時半をめどに起床して、これから1階フロント横の朝食会場に向かいます。ここの朝食は美味しいことで評判らしく、それが予約の決め手になりました。...

【旅行記】マリックスラインで行く沖縄・九州の旅 5日目―悲劇が生んだ一期一会

5日目からはついに、九州を舞台にした鉄道旅へと移ります。これから2日間、「みんなの九州きっぷ」を活用して、JR九州の観光特急に乗車しました。この切符は土休日の連続する2日間、特急列車も乗り放題になるだけでなく、6回分だけ座席指定を受けることもできます。これをうまく活用すれば、全車指定席の観光列車にも乗車できるはず!これからの旅に思いをはせつつ、九州への一歩を踏み出しました。▲錦江湾を進む時間をチョットだ...

【旅行記】マリックスラインで行く沖縄・九州の旅 2日目―ミニベロで海中道路に行ってみた

沖縄滞在2日目は、レンタサイクルを活用して本島中部を散策しました。今回、僕が利用したのは、安里駅から歩いて10分の場所にある「琉Qレンタサイクル」のミニベロです。前日までの予約が必須ですが、1000円という安さでミニベロをレンタルできます。▲朝の那覇明治橋▲壷川駅を出発するゆいレール1000形(1101F)▲安里駅前にあるヤギ料理店「二十番」前々から気になっている店の一つだ8時をめどに起床して、美栄橋駅からゆいレール...

【旅行記】マリックスラインで行く沖縄・九州の旅 1日目―ソラシドエアで那覇上陸

2020年9月、僕は飛行機・フェリー・鉄道と、乗り物をフル活用して九州・沖縄を旅しました。当初はJR九州の企画乗車券「みんなの九州きっぷ(全九州版)」を活用して、九州を一周するだけの予定でした。しかし、これだけじゃ物足りない。時間があるなら、もうちょっと面白い使い方はできないかと考えました。どうせ鹿児島に立ち寄るんだったら、アレを併用してみようじゃないですか。奄美・沖縄航路のフェリーですよ。これまでいろ...

歓楽街にある岩手グルメ!「香醤」のじゃじゃ麺(岩手県盛岡市)

盛岡に行ったらぜひとも、ご当地グルメ「じゃじゃ麺」を食べようと思っていました。ようやく盛岡に宿泊する機会ができ、さっそく夕食にとじゃじゃ麺のお店に行ってみることに。時間が遅いせいか、じゃじゃ麺を出す店が軒並み営業を終えている中、夜遅くまで営業をしている数少ない店を発見しました。今回は歓楽街ど真ん中にある「香醤」で、盛岡名物じゃじゃ麺をいただきますよ。▲香醤の外観盛岡の中心部にある大通地区は、市内屈...

【旅行記】続・Go To 夏旅2020 5日目(3)―山陰線の絶景区間で空腹になる

岡山から津山線・因美線を経由して、鳥取に到着しました。これから山陰海岸を東に進んで、浜坂・豊岡方面を目指します。30分近い待ち時間がありましたが、服用中の薬のせいか、どうも眠気が収まりません。おまけに屋外は暑いし、鳥取ではホームから動くことなく過ごしました。ちょうどお昼時だというのに、何も買うことなく・・・。▲鳥取駅に到着▲ようこそ鳥取へ砂丘だけじゃない!「飢え殺し」で有名な兵糧戦の舞台・鳥取城もある観...

【旅行記】続・Go To 夏旅2020 5日目(1)―四国旅完結!マリンライナーで岡山へ

当初の予定では、5日目は本州に出て山陽・東海道本線に入り、紀勢本線をグルリと回るつもりでした。ところが、このプランには大きな壁がありました。それが「紀勢本線本数少なすぎ問題」です。JR西日本区間のうち、紀伊田辺~新宮間の普通列車が絶望的に少ないのです。タイミングが悪いと、数時間単位の足止めを喰らわされることが判明しました。それを回避するためには、高松を朝一番に出るマリンライナーに乗らなければなりませ...

【バスマティライスで】マレーシア風ビリヤニを作ってみた【パラパラ!】

先日、福岡市内のハラルフード店でバスマティライス1㎏分を購入しました。好物のビリヤニを作るためです。これまでビリヤニを作るときは、近場のカルディでタイ米(ジャスミンライス)を買って代用していました。しかし、どうしても「あの食感」とは別物になってしまい、やっぱりバスマティじゃないとダメか、と思っていました。そこで、箱崎駅周辺にあるハラルフード店でバスマティライスを買ってきたのです。箱崎エリアにはイス...

【旅行記】続・Go To 夏旅2020 4日目(2)―栗林公園で讃岐らしさを味わう

高松港を散策したのち、すぐ近くにある高松築港駅に移動しました。ここから高松琴平電鉄に乗って、一路栗林公園に行きたいと思います。高松を物見遊山するうえで、まず栗林公園を抜きにして帰るわけにはいきませんからね。それと、栗林公園駅の近くに美味しいうどん屋さんがあるそうですから、ついでに立ち寄りたいと思います。今日は香川県らしさを感じる一日とするつもりです。▲高松築港駅ホームから高松城内堀を眺めて今回は途...

【旅行記】続・Go To 夏旅2020 1日目(2)―源平合戦の舞台・屋島を訪れた

平家物語の見どころのひとつ、那須与一が扇を射落とすシーンの舞台になった、香川県屋島にやってきました。高徳線で最も本数の少ない引田~板野間を越えるべく、2時間後の阿南行きの到着までここに滞在します。▲屋島の迫力ある山頂部が見えてきた!まずは屋島駅を出て、しばらく駅前通りを進んでいきます。やがて国道11号が見えてくると、商業施設が増えてきました。国道沿いに店が多いのは、どの地方も同じようです。視線の先には...