ブログヘッダー画像

(当ブログにはプロモーションが含まれています)

【施設紹介】JR東北・北海道新幹線/奥羽本線 新青森駅(青森県青森市)

今回は青森県青森市の玄関口にして北海道との結節点・新青森駅をめぐります。新幹線とJR奥羽本線が交差する場所に設置されており、新幹線より一足も二足も速い、1986年に開業しました。今でこそ東北新幹線・北海道新幹線の接続駅として、在来線との接続駅として機能していますが、開業当初は棒線ホームの無人駅に過ぎず、普通列車の一部も通過していたそうです。そういえば昔、「なんでこんな駅が新青森と名乗っているのだろう」と...

【施設紹介】JR函館本線 小樽駅(北海道小樽市)

今回は北海道小樽市にある、JR小樽駅をめぐります。所属路線は函館本線、駅番号はS15。函館本線は同駅を境に、西は非電化区間の「山線」と呼ばれるローカル線に、東は新千歳空港への直通列車が走る札幌都市圏の通勤路線になっています。小樽駅といえばなんといっても、風格漂うレトロ駅舎でしょう。この駅舎は1934(昭和9)年に建てられたもので、3代目にあたります。似たようなデザインの駅舎は各地に建てられ、上野駅、真岡駅、...

旭山記念公園の樺太庁豊原中学校記念碑(札幌市中央区)

樺太から宗谷海峡を隔てて向かい合う北海道には、ロシア人によって樺太から追放された住民が多く移り住み、樺太ゆかりの石碑も多く残されています。今回はその一つ、「樺太庁豊原中学校記念碑」を見るため、札幌市中央区の旭山記念公園にやってきました。記念碑は公園の片隅、ちょうどJRバス界川2丁目停留所のすぐ横に鎮座しています。目立たない場所にあるため、見落としてしまわないようご注意ください。記念碑は「上田校長頌徳...

【旅行記】札沼線乗りつぶし旅2019 3日目(完)―最終日は樺太&えべチュンネタをGET

北海道最終日の3日目は、少し早めの7時に起床しました。ホテルでもらったマクドナルド200円券を使い、朝マックを食べてから、地下鉄で円山公園駅を目指します。▲すすきのを行く札幌市電地下鉄を降りて、JRバスの大通西25丁目停留所からバスに乗って、この日最初の目的地、旭山記念公園に向かいます。記念公園に近い界川を経由するというので、バスに乗って進むと、やがて目的地から遠ざかっているのに気が付きました。あわててバス...

【旅行記】札沼線乗りつぶし旅2019 2日目(1)―ファン満載の新十津川行き

いよいよ新十津川に向かいます。二日目は7時半に起床して、まず朝風呂に浸かりました。今回は素泊まりということで、朝食は自前で用意しています。前日にコンビニで買ったスパサラダを食べてから、8時をめどにチェックアウトして月形温泉ホテルを後にしました。どうやら夜の間に雨が降っていたようで、アスファルトは濡れて真っ黒になっていました。霧雨が降る中、昨晩歩いた道を戻るように石狩月形駅を目指します。もし晴れていれ...

【旅行記】札沼線乗りつぶし旅2019 1日目―だれもいない浦臼駅

2019年7月、2泊3日の行程で北海道を訪れました。今回一番の目的は、2020年春に廃止されるJR札沼線非電化区間(北海道医療大学~新十津川)に乗車して、夏の風景を動画に収めることです。そのついでに、札幌・小樽で樺太関連の史跡を辿ることも考えました。滞在時間が長いため、1泊2日で済ませた夕張滞在(同2月)に比べると、行動にゆとりが持てます。柔軟な行動を視野に入れながら、飛行機・ホテルの予約を行い、出発日に備えまし...

【施設紹介】JR石勝線 夕張駅(北海道夕張市)―最期近づく運炭路線の終着駅

今回は北海道夕張市にある、JR夕張駅をめぐります。所属路線は石勝線(夕張支線)、駅番号はY25。2019年春をもって、夕張支線(新夕張~夕張間)が廃止されるのにともない、同駅も廃止が決まっています。駅は一面一線のシンプルな構造です。ホーム先端部に隣接するように、小さな洋風の駅舎が経っています。駅舎内には待合室と観光案内所があります。元々、石炭の積込場所として栄えた夕張駅ですが、それにしてはやけに小さな駅だ...

衰退ぶりが半端ない...真冬の夕張市街地を散策(北海道夕張市)

石炭の街として栄えたのも今は昔。人口減少が止まらないまま、北海道夕張市は2007年に財政破綻しました。あれから12年経った今、夕張がどのようになっているのか、市中心部をめぐりながら探ってみます。今回は市北部にある本町2丁目をスタートして、商業・公共施設が集中する地区を通り、2019年3月で廃止されるJR夕張駅を目指します。時刻は早朝の6時半。空は薄暗く、街は完全に目覚めていません。ただでさえ、過疎化で市街地が衰...

大浴場でゆっくり寛ごう!「ゆうばり ホテルシューパロ」に泊る(北海道夕張市)

北海道夕張市にある宿泊施設「ゆうばり ホテルシューパロ」の宿泊記です。今回は廃止間近の夕張支線に乗車するため、夕張で一泊しました。夕張駅横のホテルマウントレースイも魅力的でしたが、スキー場併設のせいか、あいにく部屋は満室でした。一方、ホテルシューパロの方は安価でかつ、市中心部にある数少ないホテルということで、空きを見つけて即予約を入れました。ホテルでの夜食用に、スーパーでの食料調達を考えていました...

【さよなら夕張支線】夜の夕張駅で終列車を見送る

石勝線夕張支線の下り最終列車で、終点の夕張駅にやってきました。到着した列車は、ごくわずかな乗客を降ろしたのち、数分間の停車時間を経て折り返します。今回はキハ40-1703に乗ってきました。このキハ40は老朽化が進んでいることから、H100形への置き換えが計画されています。はたして、この1703号を再び見る機会はあるでしょうか。乗降扉は劣化が進み、凹凸ができていました。最末期の寝台特急「あかつき」「なは」の客車にも...