ブログヘッダー画像

(当ブログにはプロモーションが含まれています)

台中駅のレトロ旧駅舎「台中駅鉄道文化園区」をぶらり散策

高架化にともない役目を終えた、台中駅のレトロ駅舎。その歴史的価値が認められ、現在は鉄道記念館として活用されています。その記念館というのが、今回ご紹介する「台中駅鉄道文化園区」です。▲日本統治時代に建設された旧駅舎が保存されている旧駅舎の位置はこれまで通りです。重要文化財級ということもあり、見た目は現役時代からほぼ変わっていません。訪問当時、何らかのイベントが行われていたのか、白いテントが軒を連ねて...

台中駅で台鐵EMU3000形をじっくり撮影

夕暮れの台中駅ホームに、台鐵の新型車両・EMU3000形が停車していました。台中止まりの自強号に充当されていたらしく、再始動までの間、パンタグラフを下げて折り返し待ちをしている模様。動き出す気配はなく、周囲はしんと静まり返っています。車体や細かいパーツを観察するなら、今が「その時」でしょう!日立製作所の底力を見てみようじゃないですか。▲折り返し待ちで留置されているようだということで、まずは編成全体を眺めて...

台中捷運グリーンラインにおためし乗車(高鐵台中→大慶)

2020年末に開業を迎えた台中捷運(MRT)グリーンライン。川崎重工で製造された2両編成の電車が、北屯ターミナル~高鐵台中間を結んでいます。開業からちょうど3年になる2023年12月、そんな台中捷運に初乗車しました。おなじMRTでも、地下鉄色のつよい台北捷運・高雄捷運とは異なり、こちらは新交通システム色の強い路線です。いったいどんな走り方を見せてくれるでしょうか?▲高鐵台中駅改札口スケジュールの都合上、今回は高鐵台...

台中ランタンフェスティバル2020 后里森林園区に行ってみた!(2)

台中ランタンフェスティバル会場の后里森林園区に来てから、はや1時間が経ちました。空はすっかり暗くなり、ランタンが会場を照らして良い雰囲気になっています。ご当地キャラ色満載の日本ゾーンを抜けて、いよいよ会場最深部のコンテストゾーンに入ります。コンテストゾーン入口に立つと、もう見えています!奥にいくつもの小型ランタンが並んでいるではありませんか。一帯いくつ置かれているのか・・・あまりにも多くて、数えるのも...

台中ランタンフェスティバル2020 后里森林園区に行ってみた!(1)

2月の恒例となっている台湾のランタンフェスティバル。今年2020年は台湾中西部、台中市内で開催されました。中国で発生した新型肺炎の蔓延が心配されましたが、多くの来場者でにぎわいました。今回は台中フローラ博(2018~19年)の会場を転用した、后里森林園区の会場をめぐり、様々なランタンを見てみようと思います。個人的にはご当地キャラ(ゆるキャラ)要素があるかどうか、それが一番気になっています。収集できれば万々歳...

【旅行記】プチ贅沢しながら行く台湾縦断2020 1日目(2)―台中ランタンフェスティバルを満喫

南国台湾だって冬は寒いのです!乗り換えに失敗して、台鐵豊富駅で数十分も過ごす羽目になりました。そこそこ寒い気温でしたが、厚着してきたおかげでひどい目に遭うことはなく、次の苗栗行き区間車が到着しました。とりあえず、この列車で苗栗まで行っておくことに。1駅移動して終点苗栗に到着したら、また30分ほど待って次の嘉義行きに乗り換える予定です。何だったらいったん駅の外に出て、食堂で腹ごしらえしても良いのですか...

高鐵台中&台鐵新烏日駅で「台中メトロ」工事現場を撮る

高鐵台中駅と接続する台鐵新烏日駅の降り立つと、ちょうど台中メトロの建設工事が行われていました。この「台中捷運烏日文心北屯線(別名グリーンライン)」は、ここ高鐵台中駅から北上して北屯ターミナル駅を結ぶ路線で、鉄軌条の新交通システムを採用しています。車両はすでに日本から運搬されており、2020年の開業を目指し最終調整が行われているところです。開業すれば台中市中心部の鉄道空白地帯が解消され、道路混雑の緩和が...

石岡農会精米穀倉(台中市石岡区)―日本統治期台湾の農業事情を垣間見る

今回は台中市北東部、石岡区へと来ています。こちらには日本統治時代に建造されたという、精米用の倉庫が現存しています。石岡自体は小さな町で、市街地をめぐろうと思えばそう時間はかかりません。今回の精米穀倉も、あっという間に見つかりました。市中心部から少し外れると、低層の民家ばかりとなり、典型的な台湾の片田舎が広がっています。比較的古い民家も残っており、台湾の伝統家屋が日本統治の影響を受け、変化していく過...

台鐵東勢線 石岡駅跡(台中市石岡区)―大地震で真っ二つに割れた駅

1999年9月21日、台湾中部の南投県集集鎮を震源地とする大地震が発生しました。この地震は大きな爪痕を残し、各地で被害が見られました。その一例が台鐵集集駅で、木造駅舎が倒壊する被害を受けたものの、数年後に再建されています。今回お届けする台鐵石岡駅跡は、現在の台中市を代表する震災遺構の一つで、駅構内に断層が形成されています。駅自体は地震前に廃線となっており、路線運行への支障はありませんでしたが、断層ができ...

台中市の奥座敷「谷関温泉」をぶらり散策(後編)

台湾西部、台中市和平区にある温泉地・谷関温泉をめぐっていきます。前編では龍谷大飯店からスタートして、谷関温泉広場と散策路を中心にお届けしました。後編では省道8号線に沿って進み、谷関温泉の北側をめぐります。▲省道台8線「飯團標誌牌」温泉街のメインストリート・省道8号線を進むと、おにぎりマークが見えてきました。台湾の省道は日本でいう一般国道にあたるもので、そのマークは日本とほぼ同じデザインです。省道には「...