ブログヘッダー画像

(当ブログにはプロモーションが含まれています)

しろうニャがお出迎え!広島城址をぶらり散策

戦争遺跡のイメージが強い広島にも、お城の跡がちゃんと残っています。観光に来た人の多くが、原爆ドームや平和記念資料館といった、原爆関連の施設に行く一方で、広島城には注目されにくい現状があります。古くからのこる遺構は、石垣や礎石など、燃えない石材類が中心です。目に見える現存物の少なさが一因かもしれません。今回はそんな広島城にスポットライトを当てつつ、城内の「気になるもの」を探してみたいと思います。それ...

追い出し猫4体が若宮コミセンにやってきた!

追い出し猫4体が「追い出し猫横丁」に全員集合しました!宮若市福丸地区では恒例の「猫のひなめぐり」が開催されています。これにあわせて、追い出し猫のサクラ・タマ・くろ・シマの4体が登場しました。追い出し猫横丁に全員集合したのは数年ぶりとのこと。今回は午前11時からのグリーティングに密着しました。時間の都合上、活動終盤の11時50分に現地入りしましたが、はたしてサクラ一行に出会えるでしょうか?目次1 堅実な活動...

ミルクティー猫「みーちゃん」寝相コレクション【猫の日特集2024】

今年も猫の日がやってきました。去年はちょっと悲しい記事になりましたが、今年は明るくいきますよ!2018年まで祖父母家にいたミルクティー猫「みーちゃん」は、これまでいろんな寝相を見せてくれました。ごく普通の寝姿から変な恰好まで、そのバリエーションは無限です(たぶん)。今回は2010年6月に記録した、みーちゃんの寝姿を見ていきましょう。今日まで公開してこなかったのは、単にブログ開設前の記録だったからというのと...

猫裏喵親子公園に台湾ゆるキャラ界の意地を見た

ここ10年で急成長をとげた、台湾のご当地キャラ業界。政府マスコット「オーベア」を筆頭に、台湾各地の自治体・団体が、個性的なマスコットをこぞって生み出しています。今回はその中から、20年来のキャラウォッチャーを自称する、僕イチオシのキャラクターを1体ご紹介します。苗栗県政府のマスコット「猫裏喵」です。目次1 苗栗県マスコット「猫裏喵」について2 猫裏喵親子公園はこんな場所だ!3 ローラースケート場も併設され...

日和山公園の高杉晋作像を見にいった(山口県下関市)

激動の幕末にあって、数々もの歴史的事件の舞台になった山口県。関門海峡に面した港町・下関(馬関)も例外ではありません。幕末に詳しければ、高杉晋作の名を知らない人はいないでしょう。彼が創設した奇兵隊は、この地に拠点を置きました。のちに長州藩の方針を変えるきっかけになった功山寺挙兵もまた、下関で起きた歴史的事件です。そんな高杉ゆかりの地・下関には、彼の立派な陶像が鎮座しています。高杉の雄姿をこの目で見よ...

ほとんど列車が来ない...西九州新幹線開業後の小江駅

西九州新幹線開業で大きく変貌したJR長崎本線。在来線特急「かもめ」は新幹線に生まれ変わり、並行在来線のうち肥前浜~長崎間は、昔ながらの非電化に戻されました。あれから1年がたち、沿線がどのように変わったのか、それを探るべくJR小江駅(長崎県諫早市)を訪れました。▲駅への道中出会った白猫1年ぶりの小江駅訪問です。架線が撤去されたことで、ずいぶん変わったろうと思いつつ駅に向かうと、「いつも通りの景色」がそこに...

ご当地キャラ博in彦根2023 1日目(0)―花しょうぶ通り三銃士登場!の巻

今やすっかり秋の風物詩としておなじみの「ご当地キャラ博in彦根」。当初は「ゆるキャラまつり」という名称でしたが、諸事情により2013年から現行名になっています。改称から10年となる今年、僕はひとつ決断しました。「客としてのご当地キャラ博訪問は今年でやめる」2011年にはじめてイベント入りした当時19歳でした。どんなに無茶しても一晩で回復しましたし、一食飛ばしてもヘッチャラでした。あの時みたいな「強行軍」はもうで...

【旅行記】ムグンファ号に乗りまくる韓国旅2023 3日目(完)―朝の下関をぶらり

韓国鉄道の旅を無事に終えた僕は、下関行きの関釜フェリー「はまゆう」で帰国の途につきました。可愛いマスコットや美味しいカレーを満喫したところで、少し早めに就寝して翌朝の到着に備えます。船内中がまだ寝静まっている頃、船の動きが止まりました。そして続けざまに「ジャラジャラジャラ!」と轟音が聞こえてくるではないですか。どうやら下関沖に到達したようです。税関・イミグレーション・港湾施設の都合上、はまゆうは沖...

【祝】福岡市地下鉄七隈線「博多~天神南」延伸開業!一番列車を見に行った

ついにこの日が訪れました。これまで、空港線からの乗り換えが不便だった福岡市地下鉄七隈線のうち、天神南~博多間が延伸開業を迎えました。工事現場の陥没をうけ、予定よりも2年遅れての開業です。今回は記念すべき一番列車に乗ってみようと、早朝の博多入りを思い立ちました。福岡近郊の交通網が充実している以上、こういった出来事は今後少ないでしょう。だからこそ、見に行かないという選択肢は皆無でした。しかし一つ問題が...

駕輿八幡宮(福岡県粕屋町)―駕与丁池畔にかまえる鎮守

今回は福岡県北部、粕屋町に鎮座する駕輿八幡宮をめぐります。現在、公園として整備されている駕与丁公園の畔に鎮座しており、その位置はちょうど、池とJR香椎線に挟まれた場所です。神功皇后ゆかりの地として伝わる場所に建立され、鎮座地名にちなみ「駕輿」を冠しています。駕輿八幡宮の祭神と由来一、駕輿八幡宮の祭神について神功皇后応神天皇玉依姫命(神武天皇の母君)住吉大神の四柱神です二、駕輿八幡宮の由来についてこの...